ここから本文です

真実の行方 (1996)

PRIMAL FEAR

監督
グレゴリー・ホブリット
  • みたいムービー 460
  • みたログ 2,455

4.06 / 評価:654件

平凡

  • 映画東四郎 さん
  • 2017年4月9日 21時48分
  • 閲覧数 779
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

公開当時は知らないけど、今見るとオチも読めるし、特にハラハラもなく平凡。
長い割りに「うっかり口滑らした!テヘペロ(笑)」のラストも寒々しい。

あれだったら、むしろリチャードが間違いに気づくけどあえて戻らずに疑惑として余韻を残し、ノートンがほくそえむというラストの方が格好いい。

演技面でも、プリティウーマンを引きずっちゃってるようなリチャードの色男ナルシストぶりは観ててこっちがちょっと恥ずかしくなるし、ノートンの演技も高く評価されてるけど怪演というほど上手いわけでもない。デビュー作としては、確かにすごいけど。

評価が高かったので、本格サスペンスと期待したけどありきたりなストーリーで残念でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ