ここから本文です

福島の未来 0.23μSV(マイクロシーベルト) (2013)

監督
李洪起
  • みたいムービー 3
  • みたログ 4

2.50 / 評価:2件

解説

福島第一原子力発電所事故により、それまで営んできた生活を奪われてしまった人々の日常を追ったドキュメンタリー。1986年に史上最悪の原発事故が起きたチェルノブイリを視察する市民17人に同行し、原発災害がもたらした影響を映し出す。監督は、韓国で数多くの社会派ドキュメンタリー番組を手掛けてきた李洪起。日々放射線量をチェックする生活が続く福島の現状に胸が痛む。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

東日本大震災によって生じた福島第一原子力発電所事故以来、福島に暮らす人々の一日は放射能測定器で線量をチェックすることから始まり、それまの生活習慣を変更せざるを得なかった。そんな彼らを含む全国から集まった17人の市民は、1986年に史上最悪とされる原発事故が起きたチェルノブイリへ向かう。そして、カメラは現在解体作業中の制御室の様子を捉える。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ