ここから本文です

紙の月 (2014)

監督
吉田大八
  • みたいムービー 352
  • みたログ 2,426

3.22 / 評価:1,854件

怖くて見てられなかった

  • nen***** さん
  • 2017年5月6日 16時06分
  • 閲覧数 2494
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

子供はなかったが夫がいて、契約社員として銀行で働いている。仕事は忙しくて大変だけど、日々にそれほど不満のなさそうなリカが顧客の孫と出会い、逢瀬を重ねるうちに彼の借金を知ってから大きく乱れ始める。周囲の人々を裏切り、少しずつ犯罪を始めていく情景が怖くて見ていられなかった。彼女の中には、「弱さ」と「図太さ」、「思いやる優しさ」と「手段を択ばぬ非情」の相反するものが同居している。

女の業というか、金銭に対する無感覚になっていく感じ。ほんとわかる気がします。誰もが陥るものではないかもしれないけど、誰もが陥る可能性があるもの。
彼女が踏み出してしまった一歩を踏み出さない多くの人たちには何が備わっているのでしょうか?


時折、描写されるカトリック系女子高校のシーンに彼女の本質が描かれていました。銀行の描写もわかりやすく、ハラハラしました。
そして何より宮沢りえさんの表情がすごくよかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • セクシー
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ