ここから本文です

紙の月 (2014)

監督
吉田大八
  • みたいムービー 352
  • みたログ 2,426

3.22 / 評価:1,854件

鑑賞メモ

  • dus***** さん
  • 2017年5月19日 16時38分
  • 閲覧数 919
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

一見真面目な人生を送っていた女性が若い男に溺れ転落していく話。

SEXレスで欲求不満を抱えている。真面目で無駄遣いもハメを外して遊んだ経験もない。学生時代に募金の為に親の金を盗んだ過去があり、恵まれない人に喜んでもらう為なら割と手段を選ばない傾向がある。というヒロイン。

犯罪映画としてのスピード感スリル感がすごくいい。追い詰められていく感じも秀逸。入れ込む男が若いだけで魅力に乏しいクズなのが話により虚しさをましてる。

しかし上記にあるヒロインの性格に感情移入出来ず、最後も『幕末太陽傳』ばりに自由を求めて街に駆け出して行ったのには驚いた。
自分の本能のままに生きる為なら犯罪も厭わない的な描写で腑に落ちなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ