ここから本文です

上映中

羊と鋼の森 (2017)

監督
橋本光二郎
  • みたいムービー 681
  • みたログ 1,161

3.97 / 評価:956件

映画館でやる意味

  • gmt***** さん
  • 2018年6月14日 1時07分
  • 閲覧数 1947
  • 役立ち度 20
    • 総合評価
    • ★★★★★

自然界を映す描写は本当に綺麗で映画館ならではだなって感じだった。
キャストもなかなかいい感じ。
個人的には山崎賢人くんでなくても、多分佐藤健くんの方がしっくりきたけど、年齢的にはやっぱり山崎君だったのかな…

そして何より音楽。
音がズレてるし、まずピアノの音が弾き始めたら突然変わって生音でないのがバレバレ。
でも演奏を聴いて、水だなと思うと水が映像として現れて、もがいてるなって思うとそういう描写が音以外で視覚的に正確に表現されていた。そういう点ではすごく計算されているし、ピアノの演奏技術も素晴らしいんだと思う。

ただ、感動はしない。
爽やかさはある。でも、もう少し普通の調律師とコンサートのピアノを調律する人と何がどう違うのかを説明しないと分かりづらい気もする。
今回はとにかく、音にはいろんな種類があるんですよー!で、それを調律師は作れるんですよー!で終わってしまった。
多分原作はもう少し踏み込んだ表現をしてくれていると思うから、自分にとっては原作を読んでみたくなる作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
  • ファンタジー
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ