ここから本文です
【お知らせ】2019年5月23日(木)14~17時の間、メンテナンスのため一部機能(レビュー投稿・みたログ・みたいムービー・まとめ・お気に入り映画館・Myムービー)がご使用いただけません。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申しあげます。

雪国 (1957)

監督
豊田四郎
  • みたいムービー 8
  • みたログ 58

4.04 / 評価:23件

解説

 ノーベル文学賞を受賞した川端康成の同名小説を、八住利雄が原作に忠実に脚色し豊田四郎が監督。安本淳の撮影、團伊玖磨の音楽も高く評価された。  「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」日本画家の島村は、芸者の駒子と会うため雪深い温泉場を訪れた。島村は東京に妻子がおり、駒子は義母とその息子で病気を患っている行男を養っていた。二人ともそれが道ならぬ恋と知っていながら、一年に一回の逢瀬を重ねていた。島村が東京に戻る日、駅に見送りに来た駒子のもとに義妹の要子が駆けつけた。行男の容態が急変したというのだ。次の年、島村が温泉場にやってくると、すでに義母も行男も亡くなっていた。島村は駒子に「一緒に東京へ行こう」と言うのだったが…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここまでです このページの先頭へ