ここから本文です

魔女の宅急便 (1989)

KIKI'S DELIVERY SERVICE

監督
宮崎駿
  • みたいムービー 142
  • みたログ 1.8万

4.38 / 評価:3,010件

良いものはいい。仕方ない。

  • san***** さん
  • 2018年1月15日 3時30分
  • 閲覧数 947
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

もうネタバレもクソもありゃしません。
観た事ない人いないんじゃないの?と言うレベルの作品ですが、先日金曜ロードショーでやってたので鑑賞。

子供の頃から何度もレンタルして観てる作品。
もう何回見たかわかりません。

制作秘話は沢山あるようですがとりあえずあのこの世界の片隅に。の片渕監督から宮崎駿に変わって再構築され作られた作品ですが、何度観てもいい。

何がいいのか。
老若男女楽しめ、抜かりのない作画とストーリー。
宮崎駿が描くキャラクター達。

見る度に新しい発見がある。
子供の頃見た魔女宅。
10代で見た魔女宅。
20代で見た魔女宅。
結婚して子供を持って見た魔女宅。

全部違います。
感じ方や捉え方が全く違います。

ここが宮崎作品の面白いところ。
魔女の宅急便だけじゃありません。
他の作品もそうです。

なぜこんなに繰り返し観れるんだ。
他にこんなに何度も観れる作品は少なくとも僕の中ではありません。

金曜ロードショーでやれば何度観たか覚えてないほど観てるのにワクワクして観てしまう。


そう言う人多いんじゃないでしょうか。
宮崎駿作品はよく風が吹きますが、やはりクソうまい。
他のどの監督にも絶対に真似できない描き方。

風がシャツの袖から入り服の中で溜まり首から抜けて髪の毛が浮き上がる。
風が目に見えるのな描写です。

ホント素晴らしい。

登場人物全てに魅力があり、掘り下げなくてもそのキャラクターの背景が見える。
キャラクター設定をうまく作品に出せてる。

いやー今回も新たな発見がありました。
3歳の息子と一緒に観ましたが、録画してたので毎日キキちゃん観たい!と言ってます。

これが宮崎駿作品なんだと思います。
恐れ入りました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ