シド・アンド・ナンシー
3.5

/ 203

18%
33%
33%
12%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(47件)


  • 小さき僕

    2.0

    壮絶

    シド・ビシャス 監督にこの映画を作らせるほどの何かがあったのでしょうね それにしても、Sex Pistols よくぞバンド名にしたね インパクトはあるでしょうが、、、 私が最近知り、バイオグラフィー取り寄せたほどハマった、米ロックミュージシャン 11歳から音楽活動を続け、いくつものバンド、デュオを組み、根気強く粘り、30歳過ぎでついにメジャーデビュー アルバムもミリオン売り上げ、ワールドツアーするも10年でバンドは解散 ベーシストでボーカルだった彼は更に2つのバンドで再出発 その矢先に癌の宣告、闘病半年、2000年10月に53歳で亡くなった ギリギリまでステージに立ち、生涯で最後のステージ1本だけ参加できなかった こんな音楽人生こそ映画にして欲しい

  • 柚子

    2.0

    ヤク中

    私には、ヤク中のイカれポンチにしか映らなかった… ロックも若い時は、それなりに聴いてはいたが、あまり良いとは感じてなかったなぁ… なんとなくロックカッコいいよねって友達と言いながら聴いてたんだけど 何十年かぶりに見たら、ク◯喧しい、苦痛って(^_^;)

  • ソロビッチ

    2.0

    転落なだけ 59点

    「爪先にキスして」ナンシー 「 彼らは交換留学生です」ホテルマン 「 あんたはスターだった。私はただの女」ナンシー 漫画ナナでやたら推されてたけど。。。全然恰好よくない。ウイキ読んだらちょっとは同情できたけど。 映画見てる限りではあんまり感動ない。とにかく汚ない醜いウザイ感じ。何も伝わらない。ラストなんなの?て感じ。ナンシー無しの死ぬまでのシドやって欲しかった。 とにかく映画見て二人のファンにはならないと思います。 知識があればなんとなく 配役もゲーリーオールドマンだけが生き残って他はいなくなってるし。 ラブシーンはあります。 59点

  • tos********

    4.0

    溺れる二人

    元ピストルズのシド・ヴィシャスが拘束される。彼は妻ナンシー殺害の事情聴取で、二人のなれそめから語り始める。セックス・ピストルズのベーシストで強力な個性を発揮していたシドは、アメリカからやってきたファンであるナンシーと過ごすようになる。しかし、二人はドラッグに溺れるようになり。  二度目の観賞。ジョー・ストラマーらが参加した、サントラも持ってます。「マイ・ウェイ」はゲイリー・オールドマン本人が歌ってます。  シド・ヴィシャスとフレディ・マーキュリーは、ケンカしたことありますが、今作でも「ボヘミアン・ラプソディ」でもそのエピソードはありませんでした。  こうして見ると、バンドのフロントマンだったジョ二ー・ロットン(後にジョン・ライドン)が、とてもまともに見えます。それくらい若くして亡くなった二人の生きざまが、破滅的で戦慄をおぼえます。  ゲイリー・オールドマンは今作が初主演。さらに「レオン」も観ると、この人は本当にいかれてるのかとしばらく思ってました。今や名優。

  • こめこ

    3.0

    共依存

    人生全体を見たらバンドも解散してお金もなく孤独で不幸な2人に見えるが、不幸の中の幸福だった部分だけを見つめて生きることができたら、それは幸せなんだろう。そんな2人の話だった。薬物から離れられなかったのが原因だが、晩年の彼らに寄り添う人がドラックのバイヤーくらいしかいなかったのが悲しい。ナンシーに出会う前から、シドは母親の影響で軽いドラッグは使っていたようなので育った環境が及ぼす影響は大きい。ナンシーがライブに白いドレスを着て壇上に上がっていくシーンが美しかった。謎が多いナンシーの最期の演出はどっちにも取れる演出で良かった。ネットがなく、現代以上に自分と共感してくれる人が貴重で、見つけにくかった時代。シドとナンシーは堕落していく関係だと分かってもこの人しかいない!と思って突き進んでしまった。結果ドラッグのせいで居場所も家族もなくなって、その苦しみをまたドラッグで忘れようとする。死ぬまで悪循環から抜け出せなかった彼等が、死後に賞賛されるのは後年作られたこの映画を見てなんとも言えない気分になる。現代のロミオとジュリエットのように神格化されているようだが、ただのかわいそうな物語として消化されているだけだ。

  • ksk********

    4.0

    Pank is SID

    ノッポでろくにベースも弾けずステージで変な動きをしてたまに切れたりする如何にもジャンキーな奴、という存在自体がパンクでカリスマ。それをゲイリーオールドマンが見事に再現しています。ちょっと上の世代なのでリアルタイムであまり知らなかったが、キースリチャーズしかりロックは危ない人ほどモテた時代、シドは際立っています。  もちろんジョン・ロットンのボーカルあってこそのピストルズですがカルチャーとしてのパンクの象徴はシド・ビシャスなのだろう。そのステージファッションや妙な動きは今見ても斬新。なにしろシドはほとんど演奏していない。そんなやつがバンドの象徴になったなんて例は後にも先にもないわけで、存在自体が傑出している。しかしそれらはマネージャーのマルコムによって過激にプロモートされた幻影であり演奏技術はアマチアバンドの域をでない。ジョンにも不満が募る。そして全米ツアー中の崩壊。シドとナンシーの最期。走馬灯のようなヒストリーにこれぞアナーキーな生き様、と感嘆。  ゲイリー・オールドマンは後に「レオン」でもジャンキー刑事をやった。イカれた役をやると病的にうまい、この領域を演じれば天才。とにかく観る人を選ぶ映画です。

  • 豊崎久美

    3.0

    堕ちていく。

    建設的ではない愛は、美しくない。 二人で良くなるならともかく悪くなっていく 堕ちていくってのは、格好良くはない。 ・・・と思いますけれど。

  • 珍金宝

    5.0

    初めてパンクを知った。

    シドって中〜高生の時のアイドルでした。ルックスが良かったから。でもそれだけ。彼に音楽的才能はない。ロットンに比べて。それでもこの映画はパンクが勃興して朽ち果てる当時の空気感を見事に描いている。当時の音楽が出来なくても狂っていれば世界の中で一瞬だけ輝けた空気を。ゲーリーオールドマンがこの無茶なシドを素晴らしく演じている。時に少年ぽい表情を見せながら。監督はアレックスコックスで80年代にこの様なパンクな映画をよく作っててその中でもこの映画は傑作。メインストリームに飽きてちょっとアートな映画に触れたい人におすすめ。

  • エル・オレンス

    3.0

    ネタバレ28歳の若きゲイリー・オールドマン。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mos********

    4.0

    栴檀は双葉より…

    主人公のシドが特段映画化しなければらないほど興味深い人生を送った人物ではなく、音楽的にも全く魅力のないシンガー&バンドなので、内容はダラダラしていて大したことはない。 見る価値があるとすれば、ひとえに若いゲイリー・オールドマンの鬼気迫る演技。見た目も歌声もシドに似ていないのに、この映画の中ではキャラクターとしてパーフェクトに完成されていて全くブレや迷いがない。TVドラマの彼を見て、断られても断られても執拗に出演を口説いたという監督の眼力は正しかった。当時は地がこういうキャラなだけかと思ったが、あとに続く出演作品群では毎度似ても似つかない別人に変身していて恐れ入りました。国籍無視で誰にでも化けられちゃうカメレオン、サイコパスから善の権化まで何でもできちゃう稀代の演技派として、その後大成したのもうなずける。

  • yos********

    4.0

    ジョニー・ロットンもマルコムも糞くらえ

    高校生の時 パルコの映画館に見に行ったんだよね。 当時 思ったのは、ジョニー・ロットンもマルコムもパンクを反体制のスタイルや思想やビジネスとして演じていただけ。けどシドは生まれつきのパンク、ナチュラルパンク。破滅に突き進んでいく その破滅に向かう刹那的な魅力にナンシーも溺れる。彼の歌うマイウェイは、シドのパンク人生のマイウェイ。本物のシドの破滅的な魅力には及ばないが、ゲイリー・オールドマンだから ここまで演じることができ 映画として成立させることが出来たと思います。

  • MB

    4.0

    全力で生きた男のエネルギーを感じる作品

    ゲイリー・オールドマンが大好きなので、辿り着いて観た作品です。 サーフィンと同様にパンクも単なる音楽ジャンルの呼称ではなく、“スタイル”の表現であると思います。 暴力的で破滅的、やりたいようにやり、生きたいように生き、死にたいように死ぬ。これを実践した伝説の男がシド。なりゆきではありながら同じ世界観を持った女がナンシーで、2人が引っ付くと当然のように破滅する。 ただ、2人共20年余りの生涯を全力駆け抜けただけなのでしょうね。。 シドが似てる似ていない、ナンシーがブスだのはどうでもよくて、ただ自分達の狂った生き方を全うした2人の破滅する物語として本作を観るべきではないでしょうか。 実際のSex Pistols自体、上手いバンドでは無いし、音楽が評価されているわけではないですしね。 そういった意味では、ゲイリーの再現力は鳥肌モノです。ゲイリーもクロエもなりきり方が完璧だと思います。 “これがパンクだ!”と言わんばかりの作品です。

  • 一人旅

    3.0

    引き返せなくなった愛の結末は・・・

    アレックス・コックス監督作。 英国のパンクバンド、セックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスとナンシー・スパンゲンの過激な愛を描いたドラマ。 ハードとパンクとメタルの違いも分からないほどロックに関して知識がないが、セックス・ピストルズというバンド名は高校時代にロック好きの友人が話していたので聞き覚えがある。ロックの知識はなくても理解できる作品で、基本的に描かれるのは、激しく愛し合いながらドラッグに溺れていくシドとナンシーの哀れな姿だ。伝説のベーシストと称されるシドだが、その本領を遺憾なく発揮するシーンは皆無。ミュージシャンとしての天賦の才を一切感じさせることなく、一貫してシドとナンシーの堕落し切った日々を映し出している。観ている方の気分が悪くなりそうなレベルで二人はドラッグ、アルコール、セックス漬けの生活を送る。これがパンクな愛のかたちだ!なんて見せつけられても全く共感も同情もできないが、もう引き返すことの許されないほど深いところまで、ドラッグがもたらす刹那的な快楽の世界にどっぷり浸かってしまった二人の姿に一切の未来は見えてこず、ある種の哀しみを感じてしまう。 ゲイリー・オールドマンは本作が映画初主演ということだが、ドラッグに溺れるベーシストという特異な役柄ということもあり存在感は十分だ。ドラッグの乱用で目の焦点が定まらなかったり、フラフラになりながら歌い続ける情けない姿、剃刀で胸に文字を刻み込む場面の痛々しさと虚ろな表情といった数々の強烈な演技が印象に残る。

  • npg********

    3.0

    ゲイリー・オールドマンこそ変わらない!

    まあレビューとしていったら 本当の話かも話かもわからない、 シドがどうクレイジーだったかもわからない ただゲイリー・オールドマン。 彼の若い映画 今でもなんとなくわかる演技するのですねー 演技うまいかとおもってたけど 彼自身の 癖が多いと思う。 ゲイリー・オールドマンにちょっと残念

  • won********

    3.0

    これがパンカーの生き様

    見た目は本物のシドのがかっこいいよ。2時間経つ頃にはこの人もかっこよく見えるようになったけど。シドもナンシーももうめちゃくちゃ。おれはおしゃれな映画を見ようと思ってたんだけど、決しておしゃれではなかった(笑)ものは壊すしうるさいし全然反省しないしまるで子供(笑) セックスピストルズについては曲知ってるくらいであまり詳しくなかったんだけど、シドはピストルズをクビになったの?まああれだけ迷惑かけてちゃ仕方ないけど。少しは予備知識を仕入れてからじゃないともしかしたら楽しめない映画かもね。 シドとナンシーの関係は、とりあえず生きてたらいつの間にか一緒にいた。そしたらもうこいつ無しの人生は考えられなくなった。そんな感じの関係。そこはいいなって思った。なんの計算もないからきっとこれが本当の恋なんだね。 現実の世界とは別に、二人だけの世界が出来上がってしまってるんだなって思った。周囲からどれだけ罵られようと、呆れられようと、二人の世界の中では全てが肯定される。そんな天国みたいな世界が。きっとドラッグと一緒でその天国から抜け出せなくなっちゃったんだね。現実みろよ。そりゃ、煙たがられて当然だぜ、あんたら。Fack’in shitなのはあんたらの方だぜ。 シドが本当にベース弾けてなくてウケた。どうやったらあんな強靭なメンタル?が手に入るのか。本当に何も考えてないんだろうか。小さなことでうじうじして、前にすすまない。それでいてプライドだけが高い自分と比べてしまった。ここまで行かなくてもいいけど、俺もこんな風に好き勝手やっていたい。 MayWayのシーンは素直にいいと思った。このころにはすでにシドはフラフラだね。 二人に言いたい。もっと身体に気をつけろよ〜(笑)

  • the********

    4.0

    伝説の光と影

    シド・ヴィシャス――― パンク好きなら知らぬ者はいない伝説の人物です。その奇抜な行動、発言、生い立ち、そして突然の死。彼の存在がパンクの象徴であり、彼の死こそがパンクの死であるとも言われています。 ベースは実はまったく弾けません。ですが、それをカバーして有り余るほどのカリスマ性がありました。 伝説には憶測やでまかせが飛び交っていますが、一説によると彼は本当は田舎者の善良な青年で、「vicious=残忍」とはかけ離れた性格だったと伝えられています。ですがピストルズであることへのプレッシャーや、その生い立ち故に愛を知らず自虐的なためドラッグに溺れ、身も心もボロボロになり朽ちていきました。 ピストルズこそが自分の居場所だと考え、仲間達と本当に楽しそうに活動している生前のシド・ヴィシャスの映像などを見ると、私は切なくて悲しくて居た堪れません。 もともと彼は麻薬を使用していましたが、ヘロインにまで手を出し中毒となった原因は恋人のナンシー・スパンゲンにある、と言われています。 恋人同士であることがシドとナンシーを破滅に追い込んだなら、彼等は不幸になるため出会ったのでしょうか? それはシド本人にしか分かりません。 彼はこんな言葉を残しています。 「ナンシーが最高なのは彼女と俺が同類だからだ。俺らは皆を憎んでいた」 この映画はそんな彼等の出会いから破滅までを描いていますが、捏造した部分も多々あります。 ですがあのパンク黄金時代の熱気と狂気、時代の流れを的確に表現していることは確かです。 シドを演じるゲイリー・オールドマンは、この映画のためにわざわざシドの母親をたずね熱心に話を聴き、これ以上無理をしたら死ぬというほどの減量をして挑みました。 彼のふとした表情や立ち姿に、「あれ? シド?」と目をこすったことがあります。 ナンシーを演じるクロエ・ウェブの狂乱ぶりも見事です。 ジョニー・ロットンやマルコムを演じている役者さん方も、イメージに合っていますね。 この映画を観て「シャブ中の何が感動するの」「愚かで見ていられない」と思う人もいると思います。セックス・ピストルズを美化しすぎているという批判の声も見られます。 ですが、パンクスターを演じ続けた孤独なシド・ヴィシャスと彼が見つけたたった一人の理解者ナンシースパンゲン。 彼等の破滅していく姿の中に、美しさを見出してもらいたいと思います。孤独を抱えた者同士の傷の舐め合いだとしても、その弱さと儚さを見守って頂きたいです。

  • どーもキューブ

    4.0

    シドアンドゲーリーオールドマン

    アレックスコックス脚本監督。インディペンデント作家系譜、アレックスコックス。彼のフィルムグラフィからかんがみると一番娯楽とドラマがマッチングしている。殿堂パンク入り、「セックスピストルズ」シドビシャスにあのゲーリーオールドマンだ!やはり大必見。彼をやる勇気がまずスゲー。(シドファンがコワソー、実際似てないとか、老けてる等苦情有りました)シドと本作の鍵となるナンシー!ゴッドわがまま姉ちゃんぶり必見!二人を中心にセックスピストルズを描きます。パンクの元祖を知るきっかけにもってこい!日本の真似?はさておき、本気は狂おしいものなのです、力があるんです。ゲーリーのアナーキーな顔は必見です。オキニの方はアルバムも聞いてみよう!PVがスゲーっすっ!

  • aok********

    3.0

    知識としての伝説 その1

    ものすごーーーい注目を集めているヤツが、早死にすると伝説になります。 これは当然の人間の心理です。 同世代の人間が亡くなると、人間は影響を受けます。 老いも若きも、同世代とは時代の共有者であり、仲間であり、目に見えない競争相手でもあるのです。 そして人間とは若い頃が一番、世の中のすべてに影響を受けます。当たり前のことです。 有名人でなくとも、一番最初に経験する身近な仲間の死は、それを共有した者たちの間では永遠の事件です。 シド・ビシャスは21歳で亡くなりました。1979年の事です。 ピストルズのオリジナルアルバムは1枚だけです。 おまけにシドは殆どベースが弾けませんでした。 70年代の終わりに、同世代で、これで影響を受けない方が少数派でしょう。 だから伝説なんです。 でも、それ以外のヒトにはそれは『伝説らしい』という予め定められた知識上の伝説です。 この映画のゲイリー・オールドマンの演技は素晴らしいです。 ナンシー役のクロエ・ウェッブのブスっぷりも素晴らしいです。 だけど、多分、この映画に描かれているのはピストルズの真実でも、シドの真実でもないでしょう。 オンタイムでないので、資料としてしかダイレクトに感じられません。 オンタイムだった方には、不満だらけの映画でしょう。 じゃあ、誰が喜ぶのか? それは知識としての伝説に興味を持った、次の世代以降のファンです。 知りたいから、観るのです。 ですが、これが事実とは思えません。 資料です。あくまで。

  • kor********

    4.0

    ネタバレ立ち止まる階段

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • shi********

    3.0

    ネタバレ頑張ったほう・・・!?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/3 ページ中