レビュー一覧に戻る
シド・アンド・ナンシー

mos********

4.0

栴檀は双葉より…

主人公のシドが特段映画化しなければらないほど興味深い人生を送った人物ではなく、音楽的にも全く魅力のないシンガー&バンドなので、内容はダラダラしていて大したことはない。 見る価値があるとすれば、ひとえに若いゲイリー・オールドマンの鬼気迫る演技。見た目も歌声もシドに似ていないのに、この映画の中ではキャラクターとしてパーフェクトに完成されていて全くブレや迷いがない。TVドラマの彼を見て、断られても断られても執拗に出演を口説いたという監督の眼力は正しかった。当時は地がこういうキャラなだけかと思ったが、あとに続く出演作品群では毎度似ても似つかない別人に変身していて恐れ入りました。国籍無視で誰にでも化けられちゃうカメレオン、サイコパスから善の権化まで何でもできちゃう稀代の演技派として、その後大成したのもうなずける。

閲覧数1,564