レビュー一覧に戻る
シド・アンド・ナンシー

gai********

2.0

BOYS BE SID VICIOUS!

レビュータイトルは無視して下さい(笑) で、この映画の感想ですが、純粋に映画として観れなかったんです、僕は。 ピストルズのファンなんで、映画を観る前からシド&ナンシーの事を知っていたので、「純愛」とも思えなかったし、「格好良い」とも思えませんでした。 ボーカルのジョニーロットンが言うように、ドラッグを美化し過ぎだと思うし、ただのジャンキーカップルの破滅してゆく姿。ただそれだけの映画と思っちゃいましたね。 バンドマンとしての才能はあるが、ドラッグによって命を落としてしまうケースは多々あると思いますが(ジム・モリスンやジミヘンなど)、シドに関してはドラッグを打ちまくって格好つけて、ルックスの良さと、ロットンの友達ってことでメンバーになり、有名になっただけの男にしか見えないし、マネージャーのマルコムに踊らされてただけのあわれな人物にしか思えないしね。ソロで出した曲も、カバー曲や歌詞をいじくった物だけで、オリジナルなんて無いしね。まったく感情移入できませんでした。 ナンシーなんて、ただのビッチだしね。ギター担当の女好きのスティーブが、初めてナンシーと会った時の感想が、「初対面でこれほどネガティブな感情になったのは初めてだ」と言ってるぐらいだから、よっぽどなんでしょーね(笑) で、シドはナンシーの後を追って死んだって感じですが、僕はそうは思わない。 ナンシーが死んでから、彼女いたし、シド(笑)。 単にドラッグが止められなかっただけだろうし、「25歳までには死にたいね」て、自分で言ってたから、ぶっちゃけいつ死んでも良かったんじゃないの? 「ナンシーも死んだし、俺もそろそろあっちに逝こうかな?」てノリじゃないの?純愛を貫いて後追いしたとは思えませんね。 この映画で褒めるところは、ゲイリーオールドマンだけですね。彼の演技はすばらしかった。それしか褒めるところがありません。 最後に、「シド = パンク」 て思われているのが、複雑だし、ちょっと腹立たしいし、悲しいです。パンクが伝えたかった事って、シドみたいなジャンキーの生き様なのでしょうか? 社会からはみ出してしまう事になろうが、ボロ雑巾にされようが、大衆に媚びる事なく、自分の思った事をストレートに伝えるって事がパンクスピリットじゃないのでしょうか、ジョニーロットンやイギーポップのように。 「自由 = 堕落」 が、パンクスピリットじゃないと思います。シドをパンクヒーローと崇めてる人は、まさにNO FUTURE、パンクから程遠い思想だと思う。 で、評価の★は2です。★1にしようと思いましたが、ゲイリーの演技で2にしました。

閲覧数1,217