レビュー一覧に戻る
ジム・キャリーはMr.ダマー

fna********

5.0

男の腐れ縁ムービーの傑作!

アメリカ映画界の問題児、ファレリー兄弟の傑作映画がこれだ。アメリカにいたときに わざわざVHSテープ版を購入して、自宅で何度も見たし、大笑いした映画だ。 この映画を単なるお馬鹿映画だと思った人は、映画の見方が浅い人である。 この映画はファレリー兄弟作品に共通して見られる、「男同士の友情」(腐れ縁)が テーマの、本格的な感動?!馬鹿映画なのである。 男の友情とか、腐れ縁を描かせると、コーエン兄弟も非常にうまいのだが、 ファレリー兄弟の場合は多少、イカレて描いているのがまた最高なのだ。 油の乗り切ったジム・キャリーのクレージーな演技といい、舞台設定といい、 何度見ても面白い。 だが、一番この映画の優れているシーンはラストだと思っている。 「女なんてもうこりごり。それよりも腐れ縁の男同士の友情さっ」と言わんばかりの ラストシーン。切っても切れない縁(友情)。これに憧れを持ってしまう。 現実はやはり裏切りの連続だったりするのでねぇ。 ああーラストシーンがまた見たくなった。

閲覧数393