ジャイアンツ
3.8

/ 247

32%
34%
22%
6%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(58件)


  • bib********

    5.0

    素晴らしい

    キャストが素晴らしい。このみずみずしさは永遠です。

  • tok********

    5.0

    若い頃のエリザベスのなんと美しいことか

    1956年の作品。エリザベス・テイラー,ロック・ハドソン,ジェームズ・ディーンなどのそうそうたる俳優が出演。ジェームズ・ディーンの遺作になるらしい。3時間21分と長いけど、その長さを気にせず見ることのできる大作。若い頃のエリザベスのなんと美しいことか。エリザベスを見るだけでも価値がある。

  • ハンケチ王子

    5.0

    名作なのは事実

    後半は人種問題もテーマとなるが、単なる教育映画やプロパガンダ映画と違って、その扱いも複雑で深い。もともと家柄意識の強い保守家だったロック・ハドソンは、上から目線丸出しで、息子の嫁になったマイノリティーを庇ってたが、最後の方は本気で怒りをぶつけてる。一方、根はピュアな心の持ち主のジェームス・ディーンは、経済的に大成功した後、ある種「偽悪」として成金ぶる。人種差別もその一環だが、差別された方は、当然本気で傷つく。 60年前から、こんな映画を作ってたら、そりゃハリウッドはリベラルだわ、と実感。 あっ、映画としては、出番が多くはないジェームス・ディーンが全力演義過ぎて、ストーリーの本筋を食ってしまう所が有り、バランスは良くないかも。それが、ここの点数がイマイチな理由か?

  • roo********

    5.0

    圧倒的な作品

    長さを感じさせない名作。50代男性ですがもっと早く見たかった。名前の通りスケールの大きな作品。やはり主役はエリザベステーラーだろう。存在感が半端無い。

  • rin********

    3.0

    成功しても心は満たされないってことかな

    使用人のジェームスディーンが石油王になり、恋敵ロック・ハドソン以上の金持ちにはなったものの、最愛の女性は手に入れられなかった。ロック・ハドソンも最後は金より大事なものがあるような内容だったが、稚拙な演出のようにも感じた。偉そうだけど。

  • abu********

    3.0

    良くも悪くも大味

    良くも悪くも大味な映画だなと思いました。 一つの家族を通して、アメリカそのものをぎゅっと詰め込んだ感じ。 時代を考えると、偏見というものに真正面から取り組んだ内容は 良かったと思います。 デェームズ・ディーンの遺作ということでして、 彼の役柄や最期を考えるとなんだか切ないです。 老けメイクもありますが、とても24歳とは思えない。 おじちゃん役を演じていて、素晴らしい役者さんでした。

  • SandSand

    4.0

    いい意味で、「とてつもなく大味」

    長尺ながら、描こうとするものが(お婆ちゃんを含めて)三代にわたるアメリカ精神であるため、これでも駆け足だなあと感じてしまいます。 一言で言って、超巨大ファミリードラマ。 脚本・演出だけではどうにもならない雄大さを、名優と音楽で纏め上げており、それほど眠くならなかった。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレテキサスの黄色い薔薇♪

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • col********

    4.0

    ジェームス・ディーンがカッコよくない

    雪が少し散らつく寒い朝、半ば義務感で午前十時の映画祭を観てきました。 話題作が上映しているのか、長い行列を横目にまばらな客しかいない部屋へ。たまには新作も見たいなあ。 今回は全く期待していませんでしたが、面白かったです。この手の大河ドラマは好きです。 リアルタイムでジェームス・ディーンを観ていない世代なので、早逝した永遠のニ枚目俳優としか思っていなかったのですが、エデンの東もそうでしたが役柄はカッコ良くないのですね。どちらかというと演技派だったのですね。二十代前半でこの演技力は凄いです。 最初は金持ちの嫌な面も見えた主人公は、最後は奥さんと同じで見直しました。偏見は良くないと思いつつ、残念ながら捨て切れない所があるのも現実で。その辺りを上手く表現出来ていた気がします。

  • mik********

    5.0

    「非」西部劇と一族の物語

    「シェーン」と同じ監督が作った201分に及ぶ広大な大河ドラマ。前半は、「非」西部劇と後半は、ある一族の試練に立ち向かうかという二部構成ながらも、すこいと感じましたね。

  • toy********

    5.0

    男の悲哀

    アメリカ、そしてテキサスを舞台とした1920~50年代(?)のリアルな大河ドラマとしては歴史的価値があるんじゃないかな。壮大なドラマなので、見てて充足感がありますね。映画中の主な設定は戦争のシーンがあったので1940年代でしょうか。当時のアメリカの雄大な風景がまず印象的。 テキサスと言えば、閉鎖的、荒々しさ、人種差別、カウボーイ、スタンハンセン、ファンク兄弟などが思い浮かびますが…。なるほど、こういうタフな土地柄だったんだ、と。今でも人種差別のことは聞きますね。日本人としてはあまり行きたくない所の一つでしょうか。 しかしながらテキサス魂あっぱれ、と思えるような男のプライドとファイトを随所に見せましたね。なるほど、これが古き良きアメリカを支えた強さの一つなんだな、と。やっぱりMVPはビックかなあ。テキサス魂・苦悩・悲哀…、それらをうまく演じ切りました。最後の店での喧嘩のシーンにコミカルなBGM、何となくジブリのラピュタを思い出してしまった(笑) 後世の映画に与えた影響もあるのでしょう。 印象に残ったのは「男の悲哀」でしょうかねえ。自分もある程度の年齢になってくると、ビックとジェットの男の孤独と悲哀が痛いほど分かってくる。男というのは弱者や外野に回ることができないから、責任・力・政治…そういうものがまとわりついたり、どうしても自己表現手段になってしまうんだよね。何とまあ可哀想な生き物でしょうか。 それを求めて誰に褒められるでもなく、逆に煙たがられたり。油断すると周りが逃げていったり。何のために仕事をしてるのか分からなくなる時もありますね。 この作品は様々な社会問題を含んでもいますね。貧富問題、人種問題などに一石を投じた作品、という位置づけにもなるのでしょうか。 ストーリにおいては山が二つ。ジェットが石油を掘り当てた時と、酔いつぶれた時。ここからのまとめがちょっと冗長に思えたかな。今ならもう少し尺を短くしたでしょうね。 正直言うと評価し難い。映画と言うよりドラマ、大河ドラマという位置づけ。しかも長尺。他の一般的作品と相対化し難い。ジャンルが違う感じがして。 しかし評価出します。大河ドラマ長尺作品というジャンルで見ても純粋評価5は超えてくるのではないでしょうか。歴史的名作ということもあり、星5で行きます。 しかしまだこういう作品について自分の目に自信がありません。映画経験を経た後で評価を変えるかも知れません。

  • pip********

    3.0

    初めて見れた

    やっと見ることができた。なにせ尺が長いから、上映も放映もなかなかされない。こういう話だったのか。ただ、尺が長くても「七人の侍」とかだったら退屈しないんだけど、これはかなり長く感じた。それほど面白いという感じの作品ではなかった。 エリザベステーラーってこういう顔だったんだね。広瀬すずの顔の凹凸を激しくした感じ。それにすごく老けて見える。まだこのころは20代のはずなんだけど。

  • due********

    5.0

    紛れもない名作です。

    観てない人は観ましょう。

  • gom********

    1.0

    長いだけ。

    昔の映画だから仕方ないけど、場面転換でブチブチ切れて話が全く繋がらず映画に入り込めなかった。 ただただ長いだけの映画でした。

  • エル・オレンス

    4.0

    ネタバレビックの人生=テキサスの歴史

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ソロビッチ

    4.0

    大河ドラマ的 72点

    レズリー「テキサスはメキシコから盗んだ土地なのね」 ベネディクト「朝からキツイ冗談だ」 ベネディクト「子供らに残すための牧場だ。誇りにまみれ日照りと戦いここまでにした。それがどうだ。コマンチに返した方がマシだ」ラズ「そうよ先住民に返せば?」 ジェット「何がテキサスだ。俺に何をくれた?何もくれなかった。俺は汗にまみれそこから奪い取った。大地の中から俺は富を奪い取った。哀れなジェット。何のために戦った?奴隷だ。彼女の夫にこき使われてきた奴隷だ。哀れなジェット……」 (当店はサービスを拒否することがあります) 長いけど結構良かった。本当に大河ドラマ的。テキサスの大地と生活と偏見の日常が生き生きと描かれて有意義だった。 軽くテキサスに嫁入りしてくる感覚がハラハラ。義姉の急死が笑える。 古い映画なのでテンポはのんびりですが登場人物が結局偏見はあるけど悪人じゃないのが意味深でリアル。てっきり息子はボンクラ息子になってジェットといがみ合うと思ってたら…医者になって貧しいメキシコ人を救うとか言い出してビックリ。しかもデニスホッパー。 ただ登場人物多過ぎてちょっとわからなくなった。子供男二人女一人だけど、それが誰なのかイマイチだった。 期待のジェームスディーンが老年期田代まさしにそっくりで困惑。 ラブシーンはありません。 72点

  • ptg********

    5.0

    もう何回観たことか

    若い頃から数十回は観たような…。昔はかのジェームズディーンの遺作(出演作3本のうちの1つ)という位置付けでしかありませんでした。日本での紹介でも「ジェームズディーン出演」ばかりが強調されていたと思います。今改めて観ると、これは紛れもなくエリザベステイラーの映画。テイラーとハドソンの演技の秀逸さに比べると、ディーンの老け役はあまりにもお粗末。田◯マサシにしか見えない…。 この時代に、すでに女性差別・人種差別への抗議メッセージを主題にしているとは見事です。 ワイルドなテキサス、何度も流れるテキサスソング(今はテキサス大学の応援歌)、北部から来たテイラーの戸惑いと覚悟。全てがしっくり、無理のないストーリー運びで、良くできた映画だと思います。 舞台となったテキサス州マーファ、いつか訪れたい。

  • mat********

    5.0

    何もかも計画通りにはいかないな

    美しく聡明で正直、正義感溢れ勇気あるエリザベステイラー。 自分とは真逆の性格に羨ましい限り(笑) こういった古いアメリカ家庭を描いた作品は大好きで、子どもたちが小さい頃 、里帰りした母の実家の 感謝祭で七面鳥が食卓に出た時に可愛がっていた七面鳥って分かった途端大泣きする場面が微笑ましかった。 ほかにも露骨な差別とか色々思う事ありますが全体に面白かったです

  • kit********

    5.0

    秀逸な大河ドラマ

    3時間20分もあるが、それを感じさせない雄大な大河ドラマとして、今見ても見応えある作品。 ジェームスディーンの癖のあるキャラクターが絶品だ。 ディーン出演作では日本では何故かエデンの東が代表傑作とされているが、本作の方が数段優れているだろう。 20世紀初頭の広大なテキサスの風景はまさにアメリカの原風景であり、風景ショットの素晴らしさが際立つ。 しかしエリザベス・テイラーとジェームズ・ディーンが当時23歳で、ロック・ハドソンが28歳だが、とてもそうは見えない凄い貫禄だ。

  • 普段オラトリュフを!

    3.0

    ネタバレ幸せとは

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/3 ページ中