ジャッキー・チェンの燃えよ!飛龍神拳/怒りのプロジェクト・カンフー
3.3

/ 36

17%
19%
50%
8%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(16件)

かっこいい20.8%勇敢18.8%コミカル10.4%スペクタクル10.4%楽しい8.3%

  • kus********

    4.0

    ミッション遂行もの

    蛇鶴八拳や天中拳などと同じく与えられたミッションを遂行していくストーリーのもの。 そして何故か…ジャッキー、ブルース・リャン、ジェームス・ティエンのトリプル主演。 ある病気の大金持ちが名医に診てもらうためには治安の悪い土地を通らなければならない。そのために腕の立つガードマンを雇う(それがジャッキーら3人) たくさんの謎のキャラが登場するが悪人ばかり?(笑)そしてどうにも素性がハッキリしないなんじゃそりゃ的なのが多いが(笑)楽しいと言えばそうかも。ワクワクと言えばそうかも(笑) ジャッキーのカンフーはちょっと物足りない感じが(特にラスト)するが相変わらず切れの良さは十分なところは披露されてるから良し。

  • pixidono

    1.0

    クソ

    申し分ない出来のクソ映画。 スターウォーズの曲が流れる珍妙な展開。 カンフーアクションはダラダラつまらない。 ラストは衝撃。 ひどすぎて草。

  • kun********

    3.0

    ジャッキー映画では一二を争うほど好き

    ジャッキー映画でどんでん返しを狙ったが、いまいちだった作品。 鐘の音で人が殺せる時代のお話。

  • aeg

    4.0

    初期ジャッキー作品の名作です。

     子供の頃ジャッキーチェン大百科(コミックよりもやや小さくて分厚いやつ)で見て、日本未公開ということで、ずっとみたいと思っていました。  いざ作品を見て見ると・・・結構おもしろい。  途中に歌まで流れている。(結構良い歌。CD化希望)  後のジャッキーチェン主演映画に比べると、やや印象は薄いが、他の出演者のキャラクターがすごい。  特に皮剥ぎのジェームズテイエンが好きです。  途中までヒロイン役と思われたお嬢さんに対して○○したのはややショックでしたが、その冷酷さもいい味を出していました。  その他にも、「食堂のおばちゃん」「六本指の男」などが良い味出していました。  細かく見ていると矛盾点も多いですが、ラストバトルも見応えがありました。 ラスボス強杉。(確か日本人かな)  ラストの終わり方も好きです。  ただ、冷静に見るとジャッキー映画を見尽くした人向けかな。(こういうジャッキーもありかな的な)  あとDVDの特典映像で撮影風景がありましたが、スタッフが着ていた飛渡捲雲山Tシャツ欲しい。(ヤフオクで出てないかな・・・)  

  • sou********

    3.0

    え?ええええええ?

     なんちゅう終わり方や…。その一言につきる。  武侠物で、とっても単純で、つっこみ処満載の陳腐なストーリー。ラスト周辺にいろんな種明かしがあるが、「だったら、そうじゃネーじゃん。」なのである。その流れの中で、斬新過ぎるエンディング。ふぅぅぅぅ…、なんてこった。  お話は、お仲間探して冒険の旅…。RPGですね。ま、当時RPGなんてものがあったかどうか知らないが、展開はソレ。アイテムもらって活用したりね。  衝撃なのは、明らかにパクリとわかる元ネタはスター・ウォーズの挿入曲。「嘘でしょ(笑)」。  僕は、ディアゴスティーニのシリーズで観たのだが、この作品は元々3Dだったらしい。たぶん、製作時期を考えれば、赤青のメガネのやつだろう。  時代なのでしょう。飛び出し映像に一生懸命なのがわかる。ひたすら画面に向かってくる刀、剣、棒術の棒、槍、拳、飛び道具。こういう失敗を重ねて今の3D映画があるのだろう。失敗は成功の母ですね。  だが、3D古典を2Dで観るのは…。最初は滑稽で「ウケた」のだが、しつこさに食傷。  いやぁあ、ある意味観て良かった。あくまでも「ある意味」だ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ジャッキー・チェンの燃えよ!飛龍神拳/怒りのプロジェクト・カンフー

原題
飛渡捲雲山/MAGNIFICENT BODYGUARDS

上映時間

製作国
香港

製作年度

公開日
-

ジャンル