レビュー一覧に戻る
アイス・キャッスル

YYさん

4.0

ネタバレクルクルっと

 一応スポ魂物です、題材は、最近人気の競技フィギュアスケートです。天才スケート選手が事故で視力を失うも、それを隠して大会に出場するという話。  まだダブルアクセルで優勝できた頃のお話なので、トリプルアクセルやビールマンスピンなんて技はとんでもありません。大技連発の現在のフィギュアスケートと比べると物足りないかもしれませんが、フィギュアスケートという題材らしく優雅で透明感溢れるさわやかな作品に仕上がっています。  普通のスポ根物のように、ライバルとの激しい闘いは、ほとんどありません。ただひたむきに自分の夢に向かって努力する女の子アレックシス(レクシー)とそれを支える人達の葛藤とふれあいの物語なのです。田舎の天才がその才能を見出されて都会へ出て、幼馴染みと都会の男性の間で揺れ動いたり、その様子を見て幼馴染みがちょっと嫉妬してしまったり(スポ根というより青春ラブストーリー)しつつ、TVに出演して有名になり、挫折し、その挫折にめげずに夢に向って突き進むというベタベタな展開ですが、ストレートに感動させてくれる作品です。  そしてもう一人の主役、レクシーの幼馴染みの彼氏=ニック、彼はアイスホッケー選手ですが、今ひとつ実力を出し切れず2軍落ちして、投げやりになっていたのですが、ハンデを負ってもあきらめずに目標に向かって努力を続けるレクシーを一生懸命に支えながら、共に挫折から立ち直ります。  天才スケート選手レクシーを演じているのは、この作品がデビュー作のリン・ホリー・ジョンソン(本物のフィギュアスケート選手)。演技もなかなかのものです。  レクシーの彼氏ニックを演じているのは、ロビー・ベンソンで彼の頑張りがこの作品を支えています。レクシーがニックの作戦どおりに目標のオリンピック予選に出場を果たし(結果は見てのお楽しみ)演技を終えた後の、ニックの言葉が印象的。  お父さん=マーカス役のトム・スケリットと最初のコーチ=ビューラー役のコリーン・デューハ-ストの好演が光ります。  青い衣装で白銀の世界を舞うレクシーの姿を幻想的に描き出した映像と透き通るような美しい音楽が、この映画の世界をよく表しています。

閲覧数589