ここから本文です

十二人の怒れる男 (1957)

12 ANGRY MEN

監督
シドニー・ルメット
  • みたいムービー 540
  • みたログ 2,845

4.63 / 評価:833件

オリジナルは漢数字の十二(重要)

  • けんじゃみん さん
  • 2019年8月11日 20時01分
  • 閲覧数 631
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ずっと気になっていた作品。あまりに有名なので、どういった事が起こるのかはすでに知っていた。
やっと観ることができた。で、最後まで見入ってしまって凄くおもしろかった。

無駄なくテンポよくわかりやすく進むストーリー、俳優さん達の見事な表現力でもって示される十二人の個性と主張。ほとんど部屋の中しか映らないのに、席順や映し方の妙でもって全く退屈しない。

なんだか、映画の基礎的な要素が悉く超ハイレベルって感じがした。それをまあ当然のようにやってのける。そりゃ半世紀以上経っても絶賛されるわけですよ。

今作をモチーフとしたリスペクト作品が多数つくられるのも納得。やりたくなりますよねぇこういうの。


おかげさまで、ここ見つけるのにちょっと手間取ってしまった。気になるのでパロディ作品なんかも機会があったら観ようかと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ