レビュー一覧に戻る
アパッチ砦
上映中

アパッチ砦

FORT APACHE

127

nis********

5.0

ネタバレ騎兵隊の魂が描かれている

by 偽kamiyawar(知恵袋) 『アパッチ砦』はジョン・フォードの「騎兵隊三部作」と呼ばれるものの第一作です。 騎兵隊というのはアメリカ人にとって特別なものなんですね。いつでも危機になると駆けつけ、自分の命を顧みずに勇敢に闘う集団として、アメリカ人の誇りの象徴ともなっている。 特にカスター将軍率いる第七騎兵隊の壮烈な最期は今もアメリカ陸軍の語り草です。 『アパッチ砦』の難しさというのは、恐らくヘンリー・フォンダ演ずるサーズディ中佐でしょう。彼が頑固なために騎兵隊が全滅したのだという認識で。 しかしそれは違う。 現代民主主義で育った人間はあのヨーク大尉を好み、彼の正しさを惜しむでしょうが、騎兵隊の魂は実はあのサーズディ中佐にある。 何度も正面から攻撃し続けること。 この勇敢さこそが騎兵隊なんです。 まあ批判人間は白人がインディアンを虐殺した歴史だと言いますが、あれは壮絶な戦いだったんです。戦力差とか土地の所有権だとか、そういうことを乗り越えたところにあの戦いがある。 どちらも実に勇敢に戦ったんですよ。 日本では乃木将軍の旅順攻略戦での正面突撃が批判の種にされることがある。しかし真に偉大な戦いは、日本でもアメリカでもヨーロッパでも古代ローマにしても、いつでも正面突撃なんです。 あのサーズディ中佐はその魂を持っていた。だから最後にあのヨーク大尉にそれが引き継がれるんです。そういう魂の継承というものを雄々しく謳い上げているのがこの作品なんですね。 まあ戦争ですから。お互いに憎みあっているのは当然で。インディアンにはインディアンの言い分がある、というのが『ジェロニモ』や『ダンス・ウィズ・ウルブズ』や『小さな巨人』『ソルジャー・ブルー』などですね。 ああ、いずれもフォード監督ではありません。

閲覧数1,119