レビュー一覧に戻る
アパッチ砦
上映中

アパッチ砦

FORT APACHE

127

beautiful_japan_

4.0

ネタバレサースデイ中佐は困ったちゃん

ヘンリー・フォンダが演じるサースデイ中佐が実に“困ったちゃん”だ。 南北戦争での失敗により、将軍から中佐に降格されて赴任したアパッチ砦で、兵士たちの規律が緩んでいるのを正すのは良いんだけど、堅苦しくもある。 娘のフィラデルフィア(シャーリー・テンプル)が、士官学校出のマイケル・オローク中尉(ジョン・エイガー)と愛し合うのに激怒するのは、まだ理解ができる。 しかし、アパッチ族のリーダーたちと和平交渉をする段取りをしてきたカービー・ヨーク大尉(ジョン・ウェイン)の提案を無視して攻撃を命ずるのは乱暴すぎる。アパッチ族の陽動作戦を説明するヨーク大尉を臆病者と決めつけ、指揮官から外す。アパッチ族が待ち伏せする中を突進して壊滅してしまう。 こんな頑固者では、将軍から降格されるのも納得。 ジョン・フォード監督の『騎兵隊三部作』の第一作。カスター中佐が率いる第七騎兵隊の全滅がモデルらしい。 上流階級の男女がペアで踊る風景や、砦の人々が助け合う様子は興味深い。終わってみれば、ジョン・ウェインのかっこよさが際立つ作品だ。

閲覧数1,075