アパッチ砦

FORT APACHE

127
アパッチ砦
3.3

/ 63

19%
29%
27%
17%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(21件)


  • sou********

    3.0

    ウゲェ…めんどくせー親分が赴任してきたなぁ…。と僕なら思う。

    ミーチャムって登場人物の存在がイマイチ分からん。コイツが政府の回し者らしく、アパッチ族がブチ切れ状態なんだけど…なんでなーん?なのだ。 そもそも、超有名先住民族のアパッチの話に興味があって観たら…余計にわからなくなってしまった。 ただ、ミーチャムとアパッチ族以外の話では、面白い表現をいろいろ観れたんだけど。 まぁ、映画って全てが真実ではないけれど、物語にする上での設定には人々を納得させるものが必要だし…。要するに、公開当時の人々の価値観を知りたいのよね。 その点では、辺境駐屯地でもパーティだダンスだっての?おぉ、これぞアメリカン!を観れるし、上官にも食らいつく男気をジョン・ウェインが演じていて主義主張強ッ!だったりしてアメリカ人気質を感じる。脇役達も自由度満載でアメリカ人やなぁ…と。 日本人勤勉、〇〇嘘つかない的なステレオタイプな発想だけどさ。 同時に、アメリカの騎兵隊の精神性を見るよね。隊に準じて国に奉仕するような。この立派な死に様的な考え方が、自由に生きてきた僕には受け入れ難いんだけどさ。 それにしても、ミーチャムの政治的な立ち位置だよね。政府の回し者が何をやったのか…。僕は見落としたのかね?何があったかさっぱり分からん(笑) 笑えないのは、それで特大の紛争が起きるわけだし。 また、アパッチ砦ってタイトルに物騒な出来事を想像していたので、全編がドエライ大騒動だと思って観ていたら、ロマンスパートやコメディ要素が意外と多くて拍子抜け感もある。それを悪いとは思わないけれど、階段の高さを勘違いしたような踏み外し気分。アララ、おっとっと…。 個人的な西部劇のお楽しみは馬。たくさん観れて良かった。音楽も結構良い。

  • kat********

    3.0

    ジョン・フォード監督作品

    ジョン・フォード監督。 「駅馬車」(1939年)、「わが谷は緑なりき」(1941年)などなど数多くの映画を製作、アカデミー賞は様々な部門で30回以上も受賞したアメリカ映画界を代表する監督さん。 本作、有名どころでは、ジョン・ウェイン(当時41歳)とヘンリー・フォンダ(当時43歳)が出ているが、若過ぎでパッと見誰だか分からんレベル。 とか言ってるけど二人とも40歳過ぎだったのね? 内容としては一応インディアンとの抗争ですが、軽く恋愛も絡めてあります。 比較的のんびりしたペースの展開ですがアメリカの西部劇らしい出来で、マカロニウエスタンとは全く異なる趣きがあります。 モノクロだしレトロな感はありますが、見てるウチにモノクロだと言う事は感じなくなってしまいます。 大人な男性にオススメします。

  • eo1********

    2.0

    モノクロの西部劇は、よい。

    踊る大捜査線のセリフで、ずっと気になっていた映画。 まさかと思ったが、無能な上司がいると、部下は、かわいそうという話だった。 予備知識ゼロで見たら、誰が主役か分からなかった。 音楽は、聞き馴染みがあってよかった。

  • aki********

    4.0

    黄色いリボンとセットも音楽も同じ??

    ………と思わず冒頭10分で予感してしまった。 映画としてはいいんだけど、物語は今日的視点で見れば、まずいよなーって感じ。 アパッチの族長の言い分がまったくもって正しい。白人の悪徳商人ひとりを殺すなり、アパッチに引き渡せば全てがまるーく治まるのにな。 ヘンリー・フォンダが演じるサースデイ中佐がいかん! 規律馬鹿で融通が利かない、机上で戦争するタイプで現場経験が薄い。ま、サラリーマンにも多いわな。 軍人らしく自分が死地を求めるのはいいが、部下を無駄死にさせんなよー、といいたい。 という訳で物語性に納得感がなかったので、★ひとつ減点ですな。

  • beautiful_japan_

    4.0

    ネタバレサースデイ中佐は困ったちゃん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nak********

    5.0

    騎兵隊魂

    インディアンものの西部劇を語る場合必ず出る問題が、白人は侵略者でインディアンは被害者ということです。  確かにそのとおりなのですが、それをいうと映画自体を否定することになるので この問題はひとまず棚上げし、映画としての出来を評価することにします。 結論から言えば「J・フォードらしい いい映画」です。 まず、砂ボコリ立ち込める映像が西部の香りに満ちており、これぞ本物の西部劇という趣きでゾクゾクします。 アパッチ砦の司令官として赴任してきたサースデイ中佐(H・フォンダ)は東部育ちの高級将校で、末端の兵士たちの規律を軽んじる様が我慢ならなず、きびしくあたる気持ちはよくわかります。 その延長で現地の事情に精通しているヨーク大尉(J・ウエイン)ら士官たちの意見を無視し、すべて自分の指示に従わせようというのは行き過ぎですね。 インディアンの族長に信頼されているヨーク大尉を使者に立て、あたかも話し合いをするような振りをしてインディアンを誘い出し、居留地に戻らなければ攻撃すると一方的に通告します。 インディアンと信頼関係にあるヨーク大尉にすればだまし討ちの片棒を担がされたわけですが、これは手段を選ばずインディアンを討伐すべしという中央政府の密命を受けたサースデイ中佐の苦渋の策だったと思われます。 荒野で対峙した両軍はインディアンが4倍の兵力で、ヨーク大尉が引き止めると大尉を輸送隊に下げ、自身は全軍を率いて突撃します。 この無謀な突撃は政府命令を遂行しようと焦ったあまりかもしれないが、いくらなんでも無茶苦茶です。 しかし、突撃途中で銃弾を受けて落馬するが、はぐれ馬を捕まえて部下が立てこもった窪地に行き、共に戦って全滅する壮烈なシーンは涙が出ます。 偉いさんは下々を犠牲にして自分はうまい汁を吸うのが普通ですが、サースデイ中佐は上部命令を無二のものとし過ぎたとはいえ、軍人精神を貫き通した清廉な人柄で、後にヨーク大尉がたたえた ゆえんでもあります。 騎兵隊3部作の第1作だそうですが、男を描いて並ぶもののないフォードの代表作の一つと言えるのではないでしょうか。

  • ジャビえもん

    1.0

    ネタバレ偉大な戦い? …ぷっ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ソロビッチ

    2.0

    アパッチ頑張れ 43点

    「アパッチは北にも東にも野営地にもいません。南側の砂煙を見れば位置は一目瞭然です」 「野蛮なインディアン以下の紳士にあるまじき行為だ」サースデイ中佐 207分でチャプター13 当時の兵隊達の部隊の日常生活はなかなか面白かったが偏屈隊長の頭が固くてイラつきました。そういう映画なんですけどね。ラストの間抜けな死に様も笑えた。アメリカ軍なんてインディアン苛めの軍隊だし。アパッチが勝って良かったです。 アパッチ何も悪いことしてないし、居住地離れて何が悪いの?大地は誰のものでもないぞ。 1チャプターが意外に長かった。 もう西部劇はええわ。 ラブシーンはありません。 43点

  • nis********

    5.0

    ネタバレ騎兵隊の魂が描かれている

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • qaz********

    1.0

    釈然としないラスト

    先週の金曜にGEO経堂店でレンタルし鑑賞しました。 ラストのジョン・ウェインのライバルの大佐の戦士が釈然としない演出になったのは残念です・・・

  • bar********

    5.0

    ネタバレ生き続ける伝説

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • スーザン

    2.0

    ちょっと釈然としない展開。

    ジョン・フォード監督、騎兵隊シリーズ。 アパッチ砦に赴任してきた新しい指揮官である中佐(ヘンリー・フォンダ)は誇り高く厳格である。 彼は犠牲者が多数出るのを承知で無謀な戦いをアパッチ族に仕掛ける。 軍人である中佐のプライドと使命感か。 一方、ジョン・ウェイン扮する大尉は平和的解決を望むが、指揮官には逆らえない。 ラストは結局中佐が讃えられる構図。 う~ん、釈然としない。 展開も、最初はアパッチ砦での兵隊や上司やその家族たちの人間模様の描写かと思いきや、アパッチ族相手の一触即発になってゆくという中途半端さ。 シャーリー・テンプルはメチャクチャ可愛い!

  • 柚子

    3.0

    名作、らしい

    白人とインディアンの確執は、平和的に話し合いで解決したほうが、いいに決まっている プライドが邪魔して、果敢に突進して自滅していく人でも、上官ゆえに、立派な人でした、と ジョン・ウェイン的には、絶対、俺が正しいという思いがあっても、上官を立てる これも一種のプライドかな この時代の男は、大変だ CGのない時代に、本物の戦闘シーンは、迫力が違う 痛そうだなーって、リアルに感じる 全体的には、退屈に感じてしまったので、私には合わないのだが、名作と言われているものは、とりあえず見ておこう、と 本作は、過去、何度も見始めては、リタイア 『誰がために、鐘が鳴る』なんてのもそうだが、名作扱いものと相性が悪い(^-^; それでも、果敢に突進して、返り討ちにあいながらも、頑張っている(^-^;

  • じぇろにも

    3.0

    ネタバレイエローリボンのなか馬車で赴任する親子

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ********

    5.0

    神話と鏡と窓

    ジョン・ウェインの妙な諦観が気になる作品。しかし、ヘンリー・フォンダといい、シャーリー・テンプルといいすばらしい。 走る馬、「敵」の大群、砂煙、岩山、恋、ダンス、酒、軍隊生活、南北戦争、インディアン…。 とにかく盛りだくさんで、ひとつにはまとめられない。ストーリーに中心がないので映像を十分に楽しめます。二度にわたって中断されるダンス、旅にでるジョン・ウェインなど、その後のジョン・フォード監督作品にも出てくるシーンもたくさん。神話的映画。 シャーリー・テンプルと鏡、ジョン・ウェインと窓など「映画」というメディアへの自己言及もあり、映画思想史としても(そんなものがあるなら?)すばらしい作品です。

  • いやよセブン

    5.0

    ヘンリー・フォンダとジョン・ウェイン

    居留地にいたアパッチ族、白人の悪徳商人のために堕落していく姿をみかねた族長は居留地を出ることを決意する。 一方、アパッチ砦に配属されたプライド高き新任指揮官(ヘンリー・フォンダ)は左遷されたと思い込み功を焦る。 下士官(ジョン・ウェイン)は戦いになると圧倒的な数の違いから勝負にならないと判断、族長との話し合いによる和平を目指す。 騎兵隊の指揮官とアパッチ族の族長とのトップ会談は指揮官の恣意で決裂、無謀な戦いに突入する。 全編、格調の高い画面で、アメリカ西部の風景や舞踏シーンなどこれが正調西部劇といえるものだ。 ラストにはジョン・フォードの皮肉が詰まっている。

  • tot********

    3.0

    あまり後味よくない・・・

    H・フォンダ演じる武骨で気位の高い新司令官。前任者の言うことにも耳をかさず、インディアンを野蛮な下等民族とみている。その司令官と対立するJ・ウェイン。しかし、徹底した反抗はしない。H・フォンダに対するJ・ウェインの態度や感情も中途半端で観ていてイライラした。個人的にはもっと徹底反抗して痛快なお話としてほしかった。でも、V・マクラグレン、W・ボンドなどフォードファミリーの脇役はなかなか楽しかったし、モノクロだけど西部の雄大な景色は美しかった。

  • dam********

    5.0

    ネタバレ「引き裂かれた心」

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kak********

    2.0

    ジョン・フォード監督騎兵隊3部作の第1弾

    「荒野の決闘」などの西部劇の監督として有名な ジョン・フォード監督騎兵隊3部作の第1弾。 ちなみに第2弾は「黄色いリボン」、第3弾は 「リオ・グランデの砦」で共にジョン・ウェイン が主役を務めている。 物語は、今で言う左遷により僻地のアパッチ砦へ 転任してきた中佐役に「黄昏」でアカデミー賞 主演男優賞を受賞したヘンリー・フォンダ。 現地で、アパッチ族に詳しい大尉役に「勇気ある 追跡」で同じくアカデミー賞主演男優賞受賞の ジョン・ウェインが扮する。 厳格な司令官を演じるヘンリー・フォンダは アパッチ族に法を守らせる事に固執し騎兵隊の 危機を招く。 本作品の見所は、騎兵隊とアパッチ族の壮絶な 戦いではなく、転任地で功を挙げようと指揮権 を盾に頑張る指揮官と、あくまで平和的解決を 模索するべテラン大尉の葛藤である。 共演では、子役から活躍し外交官まで務め、 その業績から大使の称号を一生名乗る事が認め られたシャーリー・テンプル(現シャーリー・ テンプル・ブラック大使)の初々しさが印象的。 しかし、スケールという点では物足りず、主役も ヘンリー・フォンダなのかジョン・ウェインなのか 分りにくいほど。 そして有名な第七騎兵隊の様な全滅の悲劇ではなく あくまで新任司令官の無謀な戦いが美化されるという 矛盾を問う様な映画に仕上がっている。

  • pin********

    5.0

    映像の力強さに打たれる。

    ジョン・フォードの『黄色いリボン』がそんなに面白くなかったので、この作品も初めは退屈しながら見ていました。 だいたい、僕は西部劇というのがあんまり好きじゃないらしい。 過去にみた西部劇で面白かったものは少ないと思います。 この物語については二つ前のhoykita194さんが見事なレビューを書かれているので、そちらをお読みいただければと思います。 僕が感じていたことをとてもきれいにまとめてくださっていました。 ヘンリー・フォンダ演ずる、無能で権威主義の司令官が、無謀な戦いを挑み、潰えていくという話ですが、冒頭の退屈さとは反対に、物語が進むにつれて、登場人物の個性が際立ち、軍隊とインディアンとのデリケートな関係なども描かれてきます。 インディアンが悪い騎兵隊が良いなどという単純な話ではありません。 物語も素晴らしいのですが、この作品では、なによりも圧倒的な映像の力強さに驚嘆します。 黒澤明が、ジョン・フォードのファンだったという話は有名ですが、この映像の力強さはまさしく黒澤明に影響を与えたのであろうという感じです。 西部の荒野を疾走する馬と馬車、なんと力強いことでしょう。 そして、なんとスピード感のあることでしょう。 また、ローアングルでとらえる騎兵たちの疾走もまるで画面を飛び出してこちらに向かってくるかのようです。 3Dなどという技術を使わなくても、アングルやカットでかくも驚嘆すべき映像は作れるのだということを60年以上前のこの映画が教えてくれます。 そのうえ、白人の襲撃を迎え撃つインディアンたちの姿は、誇り高く美しく感じられます。 なによりも雄大な西部の自然が素晴らしいではありませんか。 もう30年も前、アメリカ旅行をしたときに、西部の大自然に感動したものですが、この映画を見ると、「あんなところを馬に乗って駆け回ったらさぞ気持ちがいいだろうなあ。」と思わせます。 子役としてしか知らないシャーリー・テンプルもとてもかわいらしいですね。 なお、ラストは、アメリカの軍人魂を讃えるような言葉で締めくくられていますが、この伝統はアメリカ映画の中に脈々と生きているのではないでしょうか。 そういえば、日本には軍隊がないんだ、ということを改めて思い知らされる場面でした。

1 ページ/2 ページ中