ここから本文です

ジュラシック・パーク (1993)

JURASSIC PARK

監督
スティーヴン・スピルバーグ
  • みたいムービー 167
  • みたログ 9,664

4.19 / 評価:2970件

スピルバグのエンタメ魂が生んだ不朽の傑作

  • エンタメ至上主義 さん
  • 2008年9月1日 20時41分
  • 閲覧数 5420
  • 役立ち度 86
    • 総合評価
    • ★★★★★

「うおおお!恐竜だ!すげえ、本物みたいだ」
現実では絶対見ることができない、
恐竜が棲む太古の世界を覗き見る驚きと興奮を、
観客に体験させてやろう。
その志こそがエンタメ界での正しい映画監督の魂。

車の中で恐竜に襲われるシーンは、
映画史に残るドキドキハラハラ演出だ。
シーン
(ドキドキ)
ズシーン、ズシーン
(ドキドキドキドキ)
ギャオー
(ひーっ!)
ガシャーン
(ぎょえーーーー!)
VFXも画期的だが、この演出が凄いのだ。
ズシーン、ズシーンの時の「コップの水」演出は、
『少林サッカー』でチャウシンチーがパロっていたが
あれも最高に面白かった。

小さな可愛らしい恐竜のシーンでの演出も天才的だ。
微笑んでいるような愛嬌のある表情で近づいてくる。
きっと突如形相を変えて「ガオー!」と
飛びかかってくるんだろうな。
まだか・・・
まだか・・・
まだか・・・
あれ?
飛びかかってくるんじゃないのか。
と、思ったところで、
パカーッと、えりまきが開く!
「ひえーーーーーっ!ひえーーーーっ!」
牙を剥いて噛み付いてくるより
こっちの方が断然怖いよ。

スピルバーグのエンタメ魂は、
VFXとドキドキ演出だけではない。
ストーリーがわからなくなって
置いてけぼりになる観客がでないように、
あの手この手を使ってわかりやすくする努力にも
関心させられる。

恐竜のDNAの説明。
アニメーションを使って、
一般の人にも楽しく理解できるようにしてある。
そりゃ、もう、
子供に薬を飲ませるのに
甘くしたりオブラートに包んだりいろいろ工夫して
飲ませようとする親心のような気遣いだ。

観客に優しいんだよね、スピルバーグは。
いつでも優しそうな笑顔をしてて
いかにも善人っぽいオーラがあふれてるが、
本当に優しい人なんだろうなと思うね。

わかりやすくするためには登場人物の独り言も使う。
本作品でも悪者プログラマーが襲われる前の場面で、
「えーと、このワイアを木に結び付けて車をひっぱろう」って。
誰もいないのに、自分の行動を説明してる(笑)。
素晴らしい!
なんと親切なんだ。


◆ エンタメ界の善悪

驚かしてやろう。
楽しませてやろう。
エンターテイナーなら誰でもそう思う。

観客を退屈させたら負け。
エンタメ界では「退屈=悪」なのだ。
観る者を退屈させないための技術と努力が重要。

そのためには分かりやすくしないといけない。
訳の分からないものは退屈だからだ。
分かりやすく伝えるのも重要な能力。

伝えたいことが観客に伝わらないときは、
相手の理解力が問題なのではなく、
表現する側が下手なのだ。
エンタメ界では「分かりにくい=悪」なのだ。

これはエンターテイメントだけではなく、
伝えることを目的にした表現全般にあてはまる。
スピーチやプレゼンテーションでも
退屈させたり分かりにくかったりするのは
伝える側の責任とされる。


◆ 芸術人の「ダメ」は、エンタメ界の「面白い」
  芸術人の「良い」は、エンタメ界の「退屈」 

ところが、芸術はそうではない。
「直接的な言葉で説明しないのがカッコいい」
という暗黙の了解がある。
へたすると「わかりにくい方がいい」くらいの勢いがある。
わからないのは「観る側の鑑賞眼に問題がある」と
言い放つことが許される。
観る側にとっては「理解できないこと=恥かしいこと」になる。

そういう意味で、エンタメと芸術は対極の関係にある。
映画の世界ではそれが同居しているからややこしい。
名作と言われる芸術作品でも
エンタメの観点からすれば全然ダメだったり、
エンタメで優れている作品が
芸術の観点からは駄作だったりする。
なので、レビュを参考にするなら、
投稿者がどっちのタイプなのかを確認しないと惑わされる。
映画に芸術性を求める人が「駄作だ」といえば、
「娯楽として面白い」と翻訳してもいいくらいだ。

というわけで、
スピルバーグのエンタメ魂が炸裂しまくった
不朽のエンタメ大作『ジュラシックパーク』。
15年たってもまったく色褪せない。
観たことない人はあまりいないと思うが、
もしいたら是非観れ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • パニック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ