ここから本文です

スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー (1970)

EN KARLEKSHISTORIA/A SWEDISH LOVE STORY

監督
ロイ・アンダーソン
  • みたいムービー 127
  • みたログ 258

3.18 / 評価:45件

解説

前作『散歩する惑星』から7年ぶりの最新作『愛おしき隣人』が公開される、スウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソンの長編初監督作。多感な少年と少女の初恋をみずみずしく描き、世界中で絶賛された純愛物語が約40年ぶりに完全版としてよみがえる。主演2人には、監督が数千人の候補の中から選び出した新人アン=ソフィ・シーリンとロルフ・ソールマン。さらに『ベニスに死す』の美少年ビョルン・アンドレセンが、本作でスクリーンデビューを飾っているのにも注目。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

祖父が暮らす療養所を訪ねた15歳のペール(ロルフ・ソールマン)は、そこで見かけた美しい少女アニカ(アン=ソフィ・シーリン)に心を奪われる。ある日2人は再会するが、互いに意識しながらも話しかけることができない。友人の紹介でやっと会話を交わした2人は急速に接近し、デートを重ねるうちに愛情が芽生えていく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ