ここから本文です

小公子 (1936)

LITTLE LORD FAUNTLEROY

監督
ジョン・クロムウェル
  • みたいムービー 1
  • みたログ 12

4.50 / 評価:4件

心、洗われる(^^*)

  • e_s***** さん
  • 2015年11月26日 11時53分
  • 閲覧数 413
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

児童文学『小公子』の映画化
80年代の『リトルプリンス』(小公子)リッキー・シュローダーとサー・アレック・ギネス版が気に入っていて、当時、何回か見に行きました。
本作、1936年、あのセルズニック制作ということで、興味津々で、見始める…
セディ役のフレディー・バーソロミューの、なんと愛らしいこと!
そして、頑固じじい、もとい、伯爵役のC.オーブリー・スミスの名演!
彼らがいたからこその、映画化だったのかな~

ニューヨークの下町から、一転、イギリスの貴族としての品格、本当に上手い子役だなぁ~と(^^*)

お母さんのことを「愛しい人」などと呼ぶのには、正直、驚いたけど、今時、お目にかかれない上品な作品に感動!

余談
脇で、ミッキー・ルーニーが出ていた。
この人もまた、別格で上手い!
子役のレベルを越えているな~

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ