ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

ケス (1969)

KES

監督
ケネス・ローチ
  • みたいムービー 76
  • みたログ 187

4.53 / 評価:57件

潔さに、却って心の深くにまで突き刺さる

  • fg9***** さん
  • 2017年2月21日 13時30分
  • 閲覧数 1112
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 今から50年弱も前の1969年のケネス・ローチ監督の長編第2作目だ。
 主人公の少年は、父親に蒸発された母親とダメ兄貴との3人で炭鉱町に暮らしている。
 家庭は貧しく、少年も新聞配達をしながら暮らしていて、学校でも無気力。
 そんな少年がハヤブサの雛と出会い、親身になって飼育し、調教し、絆を通わせていく。
 普段は寡黙な少年だが、授業中にハヤブサ(ケスという名前)のことを先生・生徒の前で話す機会があり、その時の生き生きとした表情には心が洗われる(ハヤブサ・命、って感じ。)。
 終盤になって、少年が兄貴の金を使い込んだあたりから、ストーリーの展開は読めてしまったが、結末は何ともバッサリ。
 観る者に余韻を与えず、泣くことも許さない、ただ現実だけを直視したエンディングだ。
 あまりにもの潔さに、却って心の深くにまで突き刺さる佳作となった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ