ここから本文です

情婦 (1957)

WITNESS FOR THE PROSECUTION

監督
ビリー・ワイルダー
  • みたいムービー 567
  • みたログ 1,610

4.45 / 評価:669件

邦題が残念すぎる

  • ska******** さん
  • 2016年3月21日 20時06分
  • 閲覧数 2183
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

以下、完全ネタバレ注意です。

映画自体に関してはたくさん書かれているので
内容のみ・・・

一事不再理の原則が大前提のお話です。

偽証は重罪という言葉が何度もでてきます。
宣誓する以上嘘はつけないし、真実をいえば犯人が有罪になってしまう。
その葛藤をものの見事に解消する妙案とは・・・

いかに偽証をせずに、どういう証言をどのタイミングで言うか、
というのがあまりにも絶妙。
たった一つの嘘をのぞいて(最後の方でその嘘が明かされますが)、
証人は宣誓どおり、すべて真実のみを語っていきます。

「どんでん返し」にばかり気を取られて
「偽証」というその核心の部分に見終わってから気づき
「スゴイ・・・」ってなりました。(いや、気づくの遅すぎだって・・・)

とにかく、原作のアガサ・クリスティーには脱帽。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ