ここから本文です

情婦 (1957)

WITNESS FOR THE PROSECUTION

監督
ビリー・ワイルダー
  • みたいムービー 551
  • みたログ 1,435

4.51 / 評価:512件

マレーネ・ディートリヒ良くない

  • k2b***** さん
  • 2018年2月8日 20時23分
  • 閲覧数 1296
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

マレーネ・ディートリヒの映画では一番と、評価サイトに有ったので、やっと探して見ました、が がっかり。

モロッコ以上を期待して見ましたが、全く良い所無し、タイロンパワーも関係ない、チャールズ・ロートン夫妻の映画でした、法廷物とすれば、古いですがかなり良い出来と思います、自分で途中引き込まれ、『えーどーして?』何度も考えていました、その点監督以下制作側には敬意を払います・・☆5個、でも本来の
マレーネ・ディートリヒは有りません、がっかりしたので、☆マイナス3、こんな演技で良いの?モロッコは一体何でしょう?
そういえばモロッコも良かったのは、舞台での演技や客との掛け合いですね、彼女は舞台での少しオーバーな演技が向いているのかも。

作品全体の出来が良かった分、彼女のオーバーアクションとセリフは、受け入れられない、元々表情に乏しい人ですが、今回特に酷すぎの上、タイロンパワーに愛情を持っている様に全く見えない為、最後のシーンは???もっと他の裏が有るのかと待っていました。

よほどチャールズ・ロートン夫妻の最後のセリフの方が、良かった残念。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ