ここから本文です

情婦 (1957)

WITNESS FOR THE PROSECUTION

監督
ビリー・ワイルダー
  • みたいムービー 550
  • みたログ 1,422

4.66 / 評価:501件

さすがアガサクリスティ

  • miy***** さん
  • 2018年2月12日 4時02分
  • 閲覧数 1138
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

私は映画の評価を引き込まれたかどうかで判断することが多いです。サスペンスが好きで、色々と漁ってみていたので簡単な評価でどんでん返しとあった時から結末は予想してました。
まあ、あの男の人に別の女がいるとは思いませんでしたが笑
ただ、ストーリーとしては昨今珍しくない話でしたが、予想してた通りの結末になぜか驚き見終わった後に現実に戻る感じがとても強かったです。なので星5です。
それに、偽証は重罪だと作品内で多く言われていましたが、クリスティーネは嘘の証言を言ってないということに見終わってから気づきました。アガサクリスティの真骨頂を見た気がします。
結末を知りながらもう一回見ても面白いと思います。
弁護士のおじいちゃんの処刑だという言葉がとてもかっこよかったです。看護士さんとの関係性も素敵でした。
白黒ということで、古いというのを認識しながら見たからこの評価なのかもしれませんね。現代のカラーで撮り直したらまた評価が変わることと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ