ここから本文です

情婦 (1957)

WITNESS FOR THE PROSECUTION

監督
ビリー・ワイルダー
  • みたいムービー 550
  • みたログ 1,439

4.50 / 評価:515件

コミカルだから

  • noji rei さん
  • 2019年5月9日 17時31分
  • 閲覧数 696
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

敏腕弁護士はイギリス紳士には珍しく(?)感情的でカッとなりやすく、確たる物証もないままに殺人事件の弁護を引き受けてしまうところで、見ていてあれーと感じたけものの、付き添い看護師とのやり取りは軽快でよい感じ。
嫌われ者のマレーネデートリッヒさんは、妻は貞淑であるべき!的な冷たい視線にさらされますが、まあ今となっては呆れるというより笑える感じでしょうか。
ラストはやっぱり貞淑なのねーヨシヨシとなるわけだけど、これアガサクリスティーですものね。間違いなく名作映画ですが、やはり古さは否めないと思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ