ここから本文です

情婦 (1957)

WITNESS FOR THE PROSECUTION

監督
ビリー・ワイルダー
  • みたいムービー 549
  • みたログ 1,447

4.50 / 評価:524件

さすがの伝説、さすがの鮮やかさ

  • tos***** さん
  • 2019年10月2日 21時33分
  • 閲覧数 309
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

体調が思わしくない老弁護士ウィルフリッドに、レナード容疑者の弁護依頼が来る。裕福な未亡人殺害事件の容疑者は、無実を訴えているが状況は不利なことばかり。ウィルフリッドは、レナードのドイツ人妻クリスティーネと面会する。彼女は意外に冷静だったが、その後の証言に驚かされることに。
 原題は「検察側の証人」邦題はまるっきり失敗。
 ウィルフリッドとともに「何かおかしい」と感じ「見抜けなかった」と言わざるを得ない。さすが伝説の名女優マレーネ・ディートリヒ。斜め上の上を行く、鮮やかさはさすがアガサ・クリスティ―原作。
 やり取りが小気味良い、ウィルフリッドとミス・プリムソルの二人。なんだ、実生活では夫婦だったのか。
 もっともっと知られてもいい作品。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • 勇敢
  • 知的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ