ここから本文です

情婦 (1957)

WITNESS FOR THE PROSECUTION

監督
ビリー・ワイルダー
  • みたいムービー 559
  • みたログ 1,555

4.45 / 評価:625件

映画好きであれば。

  • hau***** さん
  • 2020年5月2日 20時44分
  • 閲覧数 1548
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

情婦は法廷が舞台となり、タイロン・パワー演じる被告が有罪が無罪かを判決するのが本筋です。

しかし、真実の行方などのどんでん返し系の映画を見ている方であれば、明らかなミスリード狙いの手法などで、結末は中盤で察することができると思います。

なので、この映画はどんでん系の映画をあまり鑑賞したことがない人が見ると、ラストの二転三転でやられること間違い無いかと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ