ここから本文です

情婦 (1957)

WITNESS FOR THE PROSECUTION

監督
ビリー・ワイルダー
  • みたいムービー 567
  • みたログ 1,612

4.46 / 評価:670件

タイトルはむしろ適格

  • okk******** さん
  • 2020年8月12日 18時34分
  • 閲覧数 723
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

どんでん返しの謳い文句をたどって視聴しました。
白黒映画ということで、1950年代当時の英国法廷の雰囲気を楽しめます。

切れ者で頑固なところがある老弁護士と、彼の健康を気遣う看護婦とのテンポの良い掛け合いは引き込まれるものがありました。

法廷のシーンについては、淡々と進行し平坦なやり取りが繰り広げられて、どうにも間延びしているという印象をおぼえました。

問題のラストですが、妻が変装していたところは何となく分かっていたのですが、そう畳むかぁ・・・いかにも短編小説のラストって感じがなんとも。

身を挺して夫を守る気骨ある妻の面ををいきなり突きつけてきたかと思ったら、次の瞬間にはあんなにあっさり・・・。
伏線もポツンと出てくるだけでしたし。
タイトルとエンドロールの例のセリフがほとんど全てのような気がします。

制作された年代を考慮しても、期待しすぎたというのが素直な感想です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ