ここから本文です

勝利なき戦い (1959)

PORK CHOP HILL

監督
ルイス・マイルストン
  • みたいムービー 3
  • みたログ 25

3.33 / 評価:6件

朝鮮戦争を描いた佳作

  • yam******** さん
  • 2018年2月19日 15時59分
  • 閲覧数 442
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

朝鮮戦争末期、ポーク・チョップ・ヒルと名付けられた高地を巡っての攻防戦を描く。上映時間96分の内、殆ど戦闘シーンばかりで、ハリウッド映画にありがちなメロドラマは、一切無い。戦略上大して重要でも無い丘に構築された陣地の奪い合いあで、板門店での停戦会議が開かれて居る最中だけに、兵士には厭戦気分が広がって居る。その交渉を有利に進める為だけに、兵士の無駄な命が失われて行く。淡々とした描写だが、戦争の虚しさや残酷さは容易に伝わって来る。
出演者は今の眼で観ると意外な位に豪華。主人公の中隊長には『アラバマ物語』のグレゴリー・ペック、死ぬ事を恐れて厭戦感に囚われた黒人兵を『スパルタカス』のウッディー・ストロード。以下、ハリー・ガーディーノ、マーチン・ランドー、ジョージ・ペパードなど後に名の知れる男優ぞろい。女優は一切登場しない。(中国軍にチラッと出るが、台詞はない。)特筆すべきは、日系アメリカ人俳優のジョージ・シバタが演じるスギ・オオハシ中尉で、精悍な日系二世兵士を好演して居る。他の作品は未公開なので、本作でしか観れ無いのが、残念な気分だ。監督は、『西部戦線異状なし』『戦艦バウンティー号の反乱』のルイス・マイルストン。脚本は『西部開拓史』『大いなる西部』のジェームズ・ウエッブがS・L・A・マーシャル准将の原作を脚色した。役名は実名だと最初に断り書きが出るので、ほぼ事実に即して描かれて居るのでは無いだろうか。1959年のモノクロ映画。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • スペクタクル
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ