ここから本文です

少林寺木人拳 (1977)

少林木人卷/SHAOLIN WOODEN MEN

監督
チェン・チー・ホワ
  • みたいムービー 32
  • みたログ 868

3.80 / 評価:219件

阿弥陀仏・・・

  • dou***** さん
  • 2020年8月3日 22時23分
  • 閲覧数 170
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

いわゆる有名どころの「蛇拳」「笑拳」「酔拳」などの原型というか、より
真面目にした感じで、ある意味それらより構成的に凝ってたりする。主役がまったく喋れないとか、やたら拳法の稽古に熱心とか、いろんな謎が提示されるが、それらは最後にはなぜなのか明かされる。謎と言えばどうでもいいような爺さんが洞窟で鎖に繋がれてたりするのも、たいがい謎だけど、それがけっこう重要なキャラクターだと徐々にわかってくる。いや重要どころか彼こそ、この物語すべての元凶とも言うべき人物だったのだ。

あと行きがかり的にチェンは2人の師匠につくことになるが、その2人がまったく正反対のことを言ってるのもまるで天使と悪魔のようで、面白い。あと個人的に感心したのは主人公のものごとに打ち込む純粋な姿勢と言うか、ストーリー的にそうなるのが当たり前かも知れんが、あのピュアさが人の心を打たずにはいられないと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ファンタジー
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ