ここから本文です

ジョージ・A・ロメロ/悪魔の儀式 (1972)

JACK'S WIFE/SEASON OF THE WITCH/HUNGRY WIVES

監督
ジョージ・A・ロメロ
  • みたいムービー 2
  • みたログ 6

4.33 / 評価:3件

奥様の欲求!「魔女」

  • どーもキューブ さん
  • 2009年7月29日 20時56分
  • 閲覧数 404
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

脚本編集監督ジョージAロメロ。全然怖くありませんし、スプラッターも妖怪悪魔変化もありません。「ゾンビ」に至るまでロメロは、初期作独自の地味なホラーアプローチをしています。「マーティン」では、吸血鬼信仰。「シーバーズ」ではゾンビのテーマに繋がる「感染、細菌」を描いています。本作はある一見裕福そうな主婦。夜な夜な強迫めいた夢を見る。仕事ばかりで乱暴な夫、心ばなれ。性に目覚め始めた娘、彼女の謎のボーイフレンド。主婦の潜むたわいない不安心理は、あるきっかけから「魔女」に目覚めてしまう。スペースサウンドのようなギミカル音楽に素早いカット。不安を煽る部屋の不吉な子供顔の電気スタンド。ハッキリ言えば「だいぶ物足りない」観アリアリなんですが、ロメロの 「信仰、不安」要素を魔女・魔性に置き換え描いたホラーというよりドラマに近い作品。「人間誰しも魔性に取り憑かれる時があるんだよ」とロメロが映画の後ろで笑っているような気がした。内容の地味さ。自主製作丸出しでスカスカなスリラーですが僕は結構好きです。ロメロが魔女信仰を主婦視点で描いたユニークな小品作品。追伸ビデオジャケットを見るとまだ、ロメロの初期作品、未ソフト化作品があるらしいので見てみたいなぁー!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ