ここから本文です

処刑軍団ザップ (1970)

I DRINK YOUR BLOOD

監督
デヴィッド・ダーストン
  • みたいムービー 5
  • みたログ 43

2.67 / 評価:27件

今観たらもうコメディばりの大爆笑な役者

  • illbeback1229 さん
  • 2018年8月12日 9時02分
  • 閲覧数 486
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 本作も新宿で行われている「カリコレ」の作品の1つだが、新作ではなく現在でもカルト的な旧作の1つとして上映された。
 さすがカルト的であるが故に満席状態だった。
 自分もホラーファンなのに本作を知らなかったのは恥ずかしかったが「カリコレ」公式サイトの作品紹介で気になったので鑑賞。
 さすが画像がリマスターされていても1970年に公開された作品なのでオープニングで「グラインドハウス」の映像が出た時は懐かしさを感じた。
 内容はサタンの息子を名乗るヒッピー集団への復讐の為に小さな男の子がミートパイに狂犬病になった犬の血を混ぜた事で、そのヒッピー集団が狂犬病になってしまい口から泡をふいてゾンビみたいに人々を襲うと言った話。
 公開当時はこれが恐かったのかもしれないが、現在になって観てみると彼らの素晴らしい「大根役者」の演技やありえない展開、狂犬病になった彼らの表情や動きは申し訳ないが笑いしか出てこなかった。
 事実、自分が観た回は狂犬病が発症してからは恐い映画のはずなのにコメディ映画を観ているかのような大爆笑が止まらず、その大爆笑ぶりに上映終了後に拍手喝采になったほどだ。
 グロシーンは1970年作品としてはまあまあと思わせるが、この時代は現在のように動物愛護にうるさくなかったから、作中では平気で動物を本当に殺したり焼いたりしてるので自分にとってはそっちの方がグロかった。
 ホラーファンとしてカルト的作品を観る事が出来たので、作品の内容や総合的な評価としては最低なランクだが満足もしてます。
 またゲームセンターで聞こえてきそうな変な音楽や効果音みたいなのも時代を感じた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ