ここから本文です

処女の生血 (1974)

BLOOD FOR DRACULA/ANDY WARHOL'S DRACULA/YOUNG DRACULA/DRACULA CERCA SANGUE DL VERGINE E...MORI DL SETTE

監督
ポール・モリセイ
  • みたいムービー 6
  • みたログ 59

3.75 / 評価:16件

愛すべき吸血鬼

  • candygirlbubblegirl さん
  • 2007年10月16日 22時47分
  • 閲覧数 1437
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

いろんな吸血鬼映画見たが、やっぱりコッポラの『ドラキュラ』は映画としてとても完成されてた。ストーリーも崩さず、キャストも魅力的、そして描写手法も引きどころ押しどころがわかってるのだ。
が、愛すべき吸血鬼、と考えたとき、やはりわたしはウド・キアーを想わずにはいられない。『処女の生き血』のヴァンパイアときたら、なんて情けない!不甲斐ない!哀れ!でもなんか、切実なのだ。こいつは。それが美しいのだ。ゲロ吐いて血まみれだろうと。結構官能的なんだ。
血を吸われた女たちは別に束縛なんかされて悔しいだとか、洗脳されたとかじゃなくて、彼を許しているんじゃないかな。
だから最後にはちゃんと愛と救済があったように想う。
大好きだ、この映画が、そしてウド・キアーの吸血鬼が。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 不気味
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ