ここから本文です

ショッカー (1989)

SHOCKER

監督
ウェス・クレイヴン
  • みたいムービー 2
  • みたログ 32

3.27 / 評価:15件

コレは、渋谷で大笑いした映画

  • tengu3711 さん
  • 2009年3月31日 3時39分
  • 閲覧数 511
  • 役立ち度 15
    • 総合評価
    • ★★★★★

これは大学時代、後輩のチカちゃん(黒木メイサ似)と渋谷東急で観た。

もー、腹抱えて、笑ったわ、ピンカー最高!近来稀にみる怪作だよね。

これだから、クレイブン映画は止められない。


自作の「エルム街」のパロディ有り、「ヒドゥン」「ヴィデオドローム」

「デビルジャンク」「ナイト・オブザ・リヴィングデッド」果ては「人間椅子」まで、

ごちゃまぜの、コテコテでした。

とにかく、ありとあらゆるモノを詰め込んで、それら、すべてが分散、破壊され、

「お笑い」へと、駆け込んでゆく。その凄まじさを見よ!


ピンカーは、なぜテレビなのか?なぜ刃物なのか?なぜ黒魔術なのか?

そんな疑問は、ラストで吹っ飛ぶ! 説明不要。

これぞ、スジガネ入りの、お笑いホラー。

特にラスト、ピンカーを倒した後、何と、主人公が夜空を見上げると、

夜空の星という星が、ハート型になって、ピカリと光るのだ。

かつて、今までこんなエンディングのホラーが有っただろうか?

光ると言えば、ピンカーも丸坊主だった。

そうか・・それで・・ピンカーかぁ・・謎は解けた。


クレイブンは、この後、このテイストを一歩推し進めた天才的ホラーを撮る事になる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ