ここから本文です

ショック療法 (1972)

TRAITEMENT DE CHOC/L'UOMO CHE UCCIDEVA A SANGUE FREDDO/SHOCK TREATMENT

監督
アラン・ジェシュア
  • みたいムービー 5
  • みたログ 60

2.72 / 評価:18件

公開当時、女性週刊誌でも話題になったよ。

  • mal******** さん
  • 2009年12月28日 12時19分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

公開当時、圧倒的に女性ファンが多いと思われていたアラン・ドロンですが、彼を好きな男性映画ファンってかなりいるんですよ。でも、あのマスクだから、それをセールスポイントにした映画宣伝が多かったのも事実。(その反動で男性ファンはチャールズ・ブロンソンに肩入れしたものです)女性週刊誌に公開時にモノクロページではありましたが?ドロンの全裸シーンが!?っていうボカシ入りの写真が掲載されてましたから、いまの韓流スター並みの人気だったことがわかります。で、本作はそんな女性ファン関係なしのサスペンス映画です。ドロンは辺鄙な場所で怪しげな治療を施す診療所のドクターを演じています。過剰な演出などもあまりないので、かなり地味な印象しか残りません。観終えても、それほど後味が悪くならないので、タイトルに惑わされずに観ても良いのではと思います。ただ、ドロンの魅力は、他の作品で是非確認して下さい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ