ここから本文です

ジョン・カーペンターの 要塞警察 (1976)

ASSAULT ON PRECINCT 13/JOHN CARPENTER'S ASSAULT ON PRECINCT 13

監督
ジョン・カーペンター
  • みたいムービー 13
  • みたログ 256

3.58 / 評価:136件

籠城映画の失敗作

  • bar***** さん
  • 2019年3月14日 13時07分
  • 閲覧数 489
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジョン・カーペンターの要塞警察。

籠城戦の映画ですが、とにかくリアルさがないと思います。またドラマ性もなく、盛り上がらない演出や会話が一定速度で流れていくだけの平凡な映画だと思います。籠城戦の傑作である『真夜中の処刑ゲーム』を思い出しましたが、あれと比べると、この『要塞警察』はずいぶん機械的に思えます。

やりたいことはわかるんですが、作品づくりのスキルが低く、バランスも悪いし、無駄な時間も多いし、とにかくリアリティがないですし、最大の欠点として、視聴者が主体的に楽しむための「戦略性・戦術性」がありません。ただボケっと眺めている人のための映画だと思います。この映画を特別にチェックする価値はないと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ