ここから本文です

死霊のえじき (1985)

DAY OF THE DEAD

監督
ジョージ・A・ロメロ
  • みたいムービー 31
  • みたログ 456

3.73 / 評価:147件

バブのキャラとストーリーが魅力的

  • ポルティ さん
  • 2018年3月29日 7時47分
  • 閲覧数 425
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

とても面白い作品だと思う。当てにしていた予算が確保できず、低予算での製作を余儀なくされたようだが、練られた脚本と強烈なゴア描写で、ロメロゾンビトリロジーの最終作を飾るにふさわしい。
ゾンビと人間との戦い以外にも、シリーズの新展開として「ゾンビとの共存」というテーマも描かれているが、そのパートの主役であるバブのキャラが大変魅力的だ。これがフォロワーでなく、監督自らが描いた脚本であることに意味がある。
ロメロの書くストーリーは、ゾンビでなく、人間同士の会話や行動の中に張り詰めた緊張感ただよう「人間ドラマ」になっている部分が多い。そこがゴア描写だけを売りにしないオリジネイターとしての偉大さだろう。
映画史に残る様な傑作ではない。だが、ホラーファン、ゾンビファン、ロメロファンにはいろいろ興味深い要素を描きこんだ忘れがたい佳作になっている。

※自分の観たDVDは何やら画面のつなぎが悪いと思っていたら、残酷シーンをバッサリカットした評判の悪い「最終版」というシロモノらしいことを鑑賞後に知った。こんな意味のない改悪版DVDが出回っているのはロメロへの冒涜だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ