ここから本文です

シルクウッド (1983)

SILKWOOD

監督
マイク・ニコルズ
  • みたいムービー 55
  • みたログ 132

3.69 / 評価:64件

放射能の恐怖との闘い

  • cho***** さん
  • 2014年7月7日 10時37分
  • 閲覧数 1380
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

久々に良質な社会派ドラマを見ました。いわゆる『シルクウッド事件』をメリル・ストリープ主演で映画化したものです。
核燃料製造プラントに勤務していたカレン・シルクウッドが会社の違法操業(深刻な放射能汚染を引き起こす恐れがある)や事故の隠ぺいを知り、証拠資料を入手して、それを携えて新聞記者に面会に行く途中で交通事故で死亡した事件です。カレンが持っていたはずの資料は消えて無くなっていたそうです。事故は他の車が後部から故意に衝突させたという話もあり、情報の公開を望まない何者かが事故に見せかけて殺害したという可能性もあったそうですが、解明されず終わったそうです。
原発事故を経験した我々も他人事ではない内容ですが、この映画を題材にそちらを論じ始めてしまうと、このサイトの趣旨にそぐわないと思いますので、それは致しません。『チャイナ・シンドローム』という、直接原発事故を取り上げた映画もありましたね。いろいろ立場はあると思いますが、こうした問題提起が出来るのも、映画が単に芸術というだけでなく、言論メディアとしての側面があるからでしょう。
メリル・ストリープがまだ30代半ばの頃の作品です。まだ若くて美しく、知的で、しかもセクシーです。常にたばこをふかしているのが気になりましたが、まあ、そういう時代だったのでしょう。組合活動にのめり込んで孤立し、会社側からはもちろん、操業停止を危惧する従業員からも疎んじられ、夫にも愛想をつかされますが、それでも使命感に背中を押されて突き進む役はメリル・ストリープにぴったりだと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ