ここから本文です

白い恐怖 (1945)

SPELLBOUND

監督
アルフレッド・ヒッチコック
  • みたいムービー 32
  • みたログ 485

3.45 / 評価:163件

おう、ベイビートークw だと思うのだが…。

  • sou******** さん
  • 2021年3月30日 1時20分
  • 閲覧数 332
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

「過ちの理由は運命ではない 我々自身だ」シェイクスピア

というテロップでオープニング。
他人のせいしてんじゃねーぞ、お前ら!と大昔の偉人も言ってました(笑)。いきなり反省させられる不意打ちストレートパンチ。

さて…映画の内容へ入っていきますか!

イングリッド・バーグマンが素敵なのは当然ですが…、彼女がウブい女の役柄で登場。ここがまた素敵です。
ヒッチコックの映像表現もキレキレで、恋愛感情の芽生えを表すドアが一枚一枚と開いていく表現や、カミソリのキラリと光る様をナメていくカメラワークに、飲み干す牛乳のコップの内側から見る光景…。おお…ナイスアイデアっ!と唸ってしまう。ヒッチコックの仕事っぷりがカッコいい。

何より良いのが音楽なんだよなぁ…。精神が不安定なグレゴリー・ペックに合わせて、ストレングスの響きと抑揚がウネウネと変化していくサウンド!もう、素晴らしいの一言。グレゴリー・ペックの目の動きもいかにもヤバい状態で、陰鬱なメロディに表情が乗ると、それだけでサスペンス!

プロファイリング要素もあって、ストーリーもドキドキ感があって良いよね。
サルヴァドール・ダリの描く幻想的デザインも良い。

僕の中で、ヒッチコック作品の上位のお気に入りだ!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ