ここから本文です

白いドレスの女 (1981)

BODY HEAT

監督
ローレンス・カスダン
  • みたいムービー 88
  • みたログ 565

3.50 / 評価:146件

メロドラマサスペンスの王道

  • chi******** さん
  • 2016年8月12日 19時56分
  • 閲覧数 1061
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

捻った展開はありません。2時間サスペンスドラマの模範になりそうなストーリー展開です。それを解って観ればがっかりすることもないと思います。
一番の魅力はキャスリン・ターナーの美しさかと。脱ぐと案外胸が貧弱でイマイチですが、白いドレスを纏った姿は官能的で見事です。一方がっかりなのは主人公の男性の安っぽさ。美女にまんまと嵌められるアホ男って設定だから仕方ないんだけど、ここまでただのスケベ男だと、前半やたら多いラブシーンに全く官能を感じず、ひたすらキモくてムカつくだけだったりします。後半美女に嵌められていく過程を観てても自業自得としか思えず、ハラハラドキドキはありませんでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ