ここから本文です

白き処女地 (1934)

MARIA CHAPDELAINE

監督
ジュリアン・デュヴィヴィエ
  • みたいムービー 3
  • みたログ 7

2.33 / 評価:3件

終わり方が…

  • dyi******** さん
  • 2020年9月16日 9時40分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

名匠デュヴィヴィエ監督と若き日のジャン・ギャバンの邂逅は残念ながら名作を生み出せなかった様子。

いや、ギャバンはめっちゃ存在感すごかったんですけどね。けどね。
ギャバンに尺使いすぎて、結果ヒロイン射止めたやつ、存在感皆無だったやん!!!

実はこれはギャバンは生きてて、ヒロインが他の人と結婚を決めてから春に帰ってくるやつやな!と思ってワクワク観てたら、
~~FIN~~
って、もうね、目が点ですよ!もはやデジタルデビル!コンゴトモヨロシク、ってドリアードばっかりできやがって!
だってさ、男はヒロインを振り向かせようという努力してないでしょ?お母さんのとこに早く戻らなきゃいけない時に告白しただけ!いくらなんでもタイミング悪すぎだろ…
ヒロインも、ギャバンの死から立ち直った様子も全くないし、最後の男に心が動いていく描写もない中での突然の決断!これは予測不能なハイスピードロマンスっ…!
現代でこの脚本なら確実に叩かれるでしょう。古典補正だな。

雪山描写も、後世の遭難ものとは比べるべくもないですが、馬が立往生するシーンは迫力あって必見。
抜け出すシーンがなかったので、次のカットで??にはなったけどね!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ