ここから本文です

白と黒のナイフ (1985)

JAGGED EDGE

監督
リチャード・マーカンド
  • みたいムービー 17
  • みたログ 291

3.38 / 評価:86件

グレン・クローズがグレるのは当たり前

  • kinchan3 さん
  • 2012年7月30日 21時43分
  • 閲覧数 618
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 グレン・クローズの最近の役は悪役ばかりだ。
 この映画の中でどうかしちゃったかのようだ。
 この次の作品『危険な情事』(相手がミソジニー=女嫌いのマイケル・ダグラスだったのが悪かった)からはどんどんひどくなって、『101』で決定的になってしまった。何しろ、動物虐待容疑なのだ。
 さて、この映画は大阪地検による証拠改竄、冤罪事件があったために、作られた当時とはまるでリアリティが違う。確か「地検は大政治家だって誰だって有罪にできる」と豪語していたのだった。
 子どもたちの存在もとってもいい。
 サスペンスが大好き人間にはもっとすごいのがある、というところだろうが、素人には十分楽しめる法廷劇だった。
 そうそう、裁判ではありえないような場面がいくつかあったが、映画だから赦してあげて。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ