ここから本文です

愛する時と死する時 (1958)

A TIME TO LOVE AND A TIME TO DIE

監督
ダグラス・サーク
  • みたいムービー 6
  • みたログ 44

4.00 / 評価:16件

これで泣ける人間にはなりたくない

  • e_s***** さん
  • 2015年7月13日 14時46分
  • 閲覧数 353
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

第二次世界大戦下
敗戦色濃くなってきたドイツ
何故かドイツ兵たちは英語で話し、陽気なアメリカンドイツ兵が(^_^;
瓦礫と化したベルリンに、お化粧バッチリな、大層お美しいヒロイン…
なんだ、ここは? パラレルワールドか?苦笑い

若きドイツ兵が、休暇で帰郷
幼なじみと再会し、恋に落ち、結婚
双方の親の行方も挟みつつ、展開していくけれど、ちっとも心に響かない

タイトルがネタバレになっているので、どちらかが死ぬのだろうな~と、察しもついた。
終始、きれい事でまとめ、残念に思う

ハリウッドがドイツ目線に立って制作、当時としては画期的
CGのない時代、全てが本物なのは見応えある

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ