シングルス

SINGLES

99
シングルス
3.7

/ 82

23%
33%
33%
11%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(11件)

コミカル20.0%ロマンチック20.0%笑える13.3%楽しい10.0%セクシー6.7%

  • kak********

    3.0

    あのキャメロン・クロウ監督の群像劇だが?

    正直言って、ブリジット・フォンダ見たさに選んだ映画だった。 そして、正直言って、あまり面白くなかった。 そして、そして、見終わった後、大好きな映画「あの頃ペニー・レインと」のキャメロン・クロウ監督が製作・監督・脚本を兼ねて手掛けた作品だと知った。 物語は、ロック音楽のジャンルの一つである”グランジ”の起源である米ワシントン州を舞台に、そこで生活をする若者たちの恋愛模様が描かれて行く。ロマンチック・コメディとか群像コメディとかいうジャンルになるらしいが、コミカルなタッチで展開するだけに”重み”は感じられない。 主役が誰かも明確ではないが、一応二組のカップルを中心に進行する。 メインのカップルは、「パットン大戦車軍団」の主役を務めたジョージ・C・スコットが父親のキャンベル・スコットと、TVシリーズ「クローサー」に出演し成功を収めているキーラ・セジウィック。 もう一組のカップルは、「あなたに降る夢」でニコラス・ケイジと共演し本領を発揮したブリジット・フォンダと、コミカルな役なら「メリーに首ったけ」が思い出されるマット・ディロン。 よくある、すれ違いの繰り返しから男女の仲も微妙に変化する様子を面白おかしく、時にはちょっぴり切なく描いている点は良いのだが、若者のエネルギーを感じるだけで中味はない。そして結末も唐突に終わり感動する暇も与えられなかった、 共演では、「インデペンデンス・デイ」で大統領役を熱演のビル・ブルマンが優しすぎる整形外科医役を演じたのが一番面白かった。他にもゲスト出演的に名の知れた俳優が登場するが、特に印象に残らなかった。 キャッチフレーズは「恋の回り道に、迷うことも大切なこと。」だった。 なんだか、笑いも感動も中途半端で消化不良意味になった作品でした。

  • 豊崎久美

    3.0

    90年代青春群像もの。

    独身者専用アパートを舞台にしているから「シングルス」 ファッションや音楽と二組のカップルの恋の行方を描く。 ブリジッド・フォンダはかわいいけれど、ジェーン・フォンダにもヘンリー・フォンダにもピーター・フォンダにもあまり似ていない、と思うのは私だけだろうか。 最終的には、二組ともうまくいったという結論にはなっている。 しかし、そこへ至る過程に、紆余曲折があり。 いつの時代も若者のあり方は、そんなに変わらないのかも。 日常的な描写が多い、現実的且つ現代的な、青春群像もの。

  • kob********

    4.0

    ネタバレグランジシーンを知る上でも必見

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • woo********

    4.0

    くしゃみをしたら・・・「お大事に」

    大きく分けると、 二つの恋のお話。 キラ・セジウィックとキャンベル・スコット ブリジット・フォンダとマット・ディロン 前者は特に、、、最初、見ていて辛かったなぁ。 初っ端から、久々に信じて付き合った男にだまされる。 うううぅ・・親友がいてくれて良かったねぇ(-_-;) 一緒にいてくれるから。 あんまり男運のない子だから、 次のチャンスも逃してしまう。 逃す運命・・つまり縁がなかったのかな。 なんて、見ていてあきらめていたが 胸が熱くなるラストに、うれし涙な一滴を垂らしてしまった。 後者の恋、バンドマンのマットディロン演じるクリフ。 彼と付き合っているブリジッド・フォンダ演じるジャネット。 はじめから「女はほかにもいる」と言われているのに 「私達は結ばれる運命なの」 信じて疑わない、ジャネットはハッピーな女の子23歳。 追っかけても追っかけても自分だけのものにはならないのに、 それでもクリフに夢中。 この二組の恋は、少し遠いけどつながっている。 やっぱり、心に残るのは前者のラスト。 「なぜ待たせた?」 「渋滞にはまって」 ドキドキしてしまった。 遠回りしてしまう恋、 自分達だけだと思っているけど 結構、世の中たくさんの人々が こうやって回りくどいことをしている。 縁がなかったとすぐにあきらめないで。 回り道も、筋書き通りかもしれないんだから♪

  • mot********

    4.0

    90年代青春ものベスト?

     ありがちな青春群像ものかもしれないけれど、90年代を舞台にしたものとしてはベスト。当時“ニルバーナ”で一気に注目を集めたシアトルのアーティストが大挙して出演し、パールジャムの面々がマット・ディロンのバンドメンバーに扮している。それだけではなく監督キャメロン・クロウの人脈は凄くて、ティム・バートンがチラッと出てたりして驚き。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
シングルス

原題
SINGLES

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-