ここから本文です

シンデレラ (1950)

CINDERELLA

監督
ウィルフレッド・ジャクソン
ハミルトン・ラスケ
クライド・ジェロニミ
  • みたいムービー 18
  • みたログ 1,242

4.00 / 評価:200件

鈴木より子さんの歌声が素晴らしい!

  • ar3******** さん
  • 2017年4月23日 0時11分
  • 閲覧数 75
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ディズニーの長編アニメ映画として1950年に公開された本作ですが、映像の鮮やかさ、繊細なタッチ、キャラクターたちの躍動感のある動きは「よくもあの時代にここまでの物を」と、感心させられます。

当時からライヴアクション俳優の動きを参考にしているだけあって、キャラクターの動きが実に自然で滑らか。また、ネズミのジャックやガス、飼い猫のルシファーら動物たちも、ユーモアかつエキセントリックに描かれていて、ただの脇役に終わらせていないのが好印象でした。

シンデレラといえば、『 王子様が捜しに来てくれるのを待っているだけのヒロイン 』など、リアルな意見に晒されれがちですが、少なくともディズニーのシンデレラは違います。
継母に対して「 私にも舞踏会に出る資格があります 」と毅然と言い放つ程の芯の強さがあり、母親の形見のドレスを作り直して舞踏会に行こうとしたり、ガラスの靴を自ら履こうと試みるなどの、行動力のある女性として描かれています。

また特筆すべきなのは、本家英語版にも劣らない日本語吹き替えの素晴らしさ。特に主人公のシンデレラを演じる「鈴木より子」さんの台詞と歌声が、上品かつ暖かくて本当に素敵です!より子さんがシンデレラの声優さんで良かったなと、改めて思わせてくれました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ