ここから本文です

シンデレラ (1950)

CINDERELLA

監督
ウィルフレッド・ジャクソン
ハミルトン・ラスケ
クライド・ジェロニミ
  • みたいムービー 18
  • みたログ 1,240

4.00 / 評価:200件

余韻がすごいです。

  • yk_******** さん
  • 2015年4月29日 0時52分
  • 閲覧数 1667
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

正直に言って、ここまで感動するとは思いませんでした。

ストーリーは皆さんの知っている「シンデレラ」です。
でも、実写化と言う事で、人物一人一人の心の動きが緻密で、私は幼い頃から知っている「シンデレラ」の細かな部分の謎が解けたような気がしました。継母が意地悪になってしまった背景、シンデレラが強く優しくあれた理由、王子様がシンデレラにどのように惹かれていったのか。改めて知っているようで知らなかった部分がきれいに描写されていました。

私が最も好きなシーンは、息子を愛するが故に良家の娘と結婚し、安泰を願っていた王子様の父親が、地位や権力よりも気持ちで国を動かすという息子の思いを受け入れ、認め、静かに亡くなっていくシーン。そして王子様が「ガラスの靴が合う女性」という名目でシンデレラを探しだし、きらびやかなドレスを着ない、ありのままのシンデレラを受け入れるシーン。王道シーンなのにどうしてしっとりとした心に響く感動があるのでしょうか。それは、役者さんの演技、音楽、映像全てがきれいに世界観に当てはまっているからでしょう。

大人になって、こちらの作品に出会えてよかったです。そしてもちろん、お子さんにもとてもよい仕上がりになっていると思います。「勇気を持つこと、優しくあること」このシンプルな心がけこそが、巡り巡って幸せを運ぶ、という教訓が、なんだかとても、とても素敵な作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ