ここから本文です

シンデレラ (1950)

CINDERELLA

監督
ウィルフレッド・ジャクソン
ハミルトン・ラスケ
クライド・ジェロニミ
  • みたいムービー 18
  • みたログ 1,234

4.00 / 評価:194件

解説

 詩人シャルル・ペローの童話をベースにした、ディズニープロダクションを代表するミュージカル仕立てのアニメ映画のひとつ。マーク・デービスをはじめとした当時のディズニーにおけるベテランアニメーターの総勢9名が参加したこともトピックのひとつ。  継母であるトレメイン夫人とその娘たちにいじめられ、メイドとしての日々を過ごす薄幸の少女シンデレラ。継母や義姉たちが舞踏会の仕度をする一方、シンデレラは今日も家事をおしつけられていた。それでもいつか幸せが来ると信じる彼女に、仲良しの優しいネズミがドレスを用意するが、そんな衣装も義姉たちにやぶられてしまう。悲しみにくれるシンデレラの前に、魔法使いのフェアリー・ゴッドマザーがやってくるが……。  本作の成功をもってディズニーは戦後の経営難を克服したという。以後の礎を築いた作品である。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ