ここから本文です

シンドバッド黄金の航海 (1973)

THE GOLDEN VOYAGE OF SINBAD

監督
ゴードン・ヘスラー
  • みたいムービー 0
  • みたログ 137

3.65 / 評価:46件

ローテクも時には新鮮!!!

  • kananopapa さん
  • 2009年12月11日 21時01分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

今度、CSで”シンドバッド”シリーズ三部作が放映になります!
このCG全盛時代に初期の特撮の映像はご存じない方々にはチープさを感じるかも知れません。

しかし、現代でもCM等でお馴染みのクレイ(粘土)で造られた人形を一コマ一コマ撮影していく映像は現代でも面白く感じさせ尚且つ作り手の温かみを感じさせます。
本作等特殊撮影の先駆けだったR・H・ハウゼンの特撮は未だにG・ルーカスはじめ特撮を用いる多くの技術者の間では”神様”に値するそうです。

スピルバーグにとってもやはりハウゼンは神様であり”ジュラシックパーク”の特撮などハウゼンの技術や映像をアップデートさせたとしか思えません。(実際撮影所に遊びに来たらしくCG技術に感嘆したとの事。スピルバーグは”神様”に褒められていたく感激した。)
物語は冒険物で神話や怪物など今でいう”インディアナ・ジョーンズ”と同じ感じです。(この事からも影響大)

これだけ精巧に作られたCG技術が盛られた沢山の作品を観ている私達ですが偶には隙があったり、多少ぎこちのない動きの特撮も懐かしくまたは新鮮に映ること請け合いです。

今でも私の子供時代からのヒーロー仮面ライダーなど現代的に格好良く放映されておりますが私のような年寄りにはヒーローなのに髪の毛や背中のファスナーの見えている現代に比べ”不完全な”ものの方が本作同様に何か魅力を感じさせます!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ