スーパーフライ

SUPER FLY

93
スーパーフライ
2.7

/ 15

0%
20%
47%
20%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(8件)


  • shigeki

    2.0

    カーティス・メイフィールド

    カーティス・メイフィールドの音楽を聴くための映画。ヤクの売人をやめようと決意した主人公をめぐって殺人や裏切りが巻き起こるというストーリーはたいしたことはない。途中の演奏シーンと画面を3分割した写真構成のシーンが印象的。

  • mal********

    3.0

    アクションよりも内容で勝負の映画です。

    1973年に公開された映画です。 他のレビューにもあるように,本作のストーリーは至って単純。麻薬ディーラーの主人公がまっとうな人間になるため努力する姿を描いたよくあるパターンの映画です。 ただ、アクション映画っぽい展開をすると勝手に思い込んでただけに、このシビアな展開はかなり意外でしたし、結末も〝こんな感じでも仕方ないよね〟って変に納得させられました。 1970年代のアメリカ、それもちょっと危ないアメリカに興味がある人にとって、本作の持つ空気感はたまらない魅力があると思うのですが、私は正直もっとメリハリの利いた映画に仕上げてほしかったです。

  • スーザン

    3.0

    70年代ブラックムービー、雰囲気抜群!

    足を洗いたい売人が奔走するだけの、どうってことない話なのだが、B級低予算と70年代ムードは堪能できる。 ファッションにもしびれるが、カーティス・メイフィールドが作中で歌う「プッシャーマン」はクール!

  • pbx********

    4.0

    スーパーフライ

    「シャフト/黒いジャガー」の監督ゴードン・パークスの息子ゴードン・パークスJrの監督デビュー作、2作品、共にブラックスプロイテーションの最高傑作に挙げられている 続編に73年「Superfly T.N.T」 音楽をインプレッションズを脱退しソロ活動を開始していたカーティス・メイフィールドが担当 サントラLPは5週連続1位、売上200万枚超。劇中、本人による演奏シーンもある表題曲「Superfly」と挿入歌「Freddie's Ddad」は共にミリオンセラーを記録した

  • mih********

    1.0

    こういうのは、全く良くない。

    ピンクキャデラックに乗って、 ワニ皮のブーツをはき、 白いタキシードにティアドロップをかけた ロン毛のおっさん。 取り巻きはベルボトムを履いたアフロ。 コークとか下手な隠語で麻薬のやり取りをするその姿は、 おしゃれとか何とかを通り越して、 もう・・・ ダサすぎ!!! しかも話が恐ろしくトロい。 アクションもトロければ、会話もノロい。 そしてまったく面白くない。 麻薬をキめて女をはべらせるのとか、そういうものが最高と本気で思っていて、 そのうえで自由とか言って、 それを本気で本気でホンキで言ってる。 これ撮られたのが72年。 この年は『ゴット・ファーザー』と『惑星ソラリス』が公開されている。 はっきり言ってバカ。 これを本気でカッコいいと思っているなんて黒人が馬鹿にされても仕方ないよ!? これが、これがブラック・ム~ビィ~なのか! 『ヤコペッティの残酷大陸』はそういった黒人のかっこつけを本気でバカにしている。 ラスト、エレキをかき鳴らしながら黒人たちが白人に復讐する。 グラサンにアフロでベルボトムと言う今作のような黒人が、 もう筆舌に尽くすモンド振りで白人を嬲り殺していくわけですよ。 ブラック・ムービーにこびているふりをしながら、 本当は心底黒人の浅い、 麻薬をやることをカッコいいという感性を馬鹿にしている。 まあ、実際はヤコペッティの人種差別の表れだと思いますが。 ともかく、今の人が見たら、 今作に出てくる不良黒人なんてダサくてバカです。 それだけです。 しかも、最悪なのがアメリカの黒人たちのそういう状況が 今になっても全く変わってをらず、 むしろひどくなっているという現実。 何つーか、ハーレムとか麻薬をかっこよく見せるのって、最悪だと思う。 いや、 最悪なんて生易しいものじゃないか。 黒人が社会的に向上することが難しい大きな原因は、 麻薬や暴力を特に何の主張もなくカッコいいと盲信して、 そのイメージを広めていくことだと思います。 と言う意味で、今作は最低。 まあ、 普通に見てもひどくつまらない映画で、 見た瞬間忘れるような映画です。

  • spo********

    1.0

    黒人映画大好きの私

    をもってして全くの駄作。 お金がなくても脚本でどうにかなるもんだが、脚本もしょぼい。 ゲットーで本当のポン引きと娼婦を出演させているという触れ込みもあるが、そんなのはぶっちゃけどうでもいい!!!みんな棒読みはよせよ!!!! そして、しかも当時黒人層には「ゴッドファーザー」の方が人気あったの。 なぜって? そっちの方がリアリティがあるからだとさ。

  • syu********

    4.0

    70年代ブラックシネマの象徴的作品

    ハーレムに住む18人の黒人からの投資を製作費としてスタッフ・キャスト全て黒人の手によって作られたブラック・シネマ。 ストーリーは簡単な話、コカイン(劇中ではコークと言う)の売人の話で、ほんとの自由を手に入れたいと思い念入りな計画のもと、自由になる為にコカインを売りさばいて逃げる資金を作る主人公のお話★この映画の見所はファッションや音楽ですね♪ 本作を語る上で重要となるのはやはり音楽と言える。ソウルミュージックの旗手、カーティス・メイフィールドが手掛けたスコア及び歌唱曲がスタイリッシュかつクールな映像をファンキーなムードに仕立て上げている。カーティス自身がナイトクラブで歌う「プッシャーマン」、プリーストと恋人のジョージア(シーラ・フレイジャー)がベッド代わりのバブルバスで見せる大胆なラブシーンで流れる「ギブ・ミー・ユア・ラブ」等が印象的である。当時は作品同様にサントラ盤も大ヒットしたのである。 これが黒人による黒人のための作品だったということにこそ意味がある。時代的にも、ちょうど“ニュー・ソウル運動”が華やかなりし頃だ。黒人牧師、マーティン・ルーサー・キングが暗殺されたのが1968年の4月。その前後、70年代初頭にかけて、『スーパーフライ』も、そんな時代の気分を大きく盛り上げるのに一役買った象徴的な作品だった。

  • sjh********

    2.0

    すこしメリハリがないですな。

    ゲットーと言われる下町の薬物売人の話。ま~一儲けして下町を逃げよう というよくあるアメリカクライム物。 ただ全体的にアクションがもたいというか古いアクションスタイル(大げ さでノロイ)とか、薬物仕事をテーマに扱いながらその仕事像があんまり 見えてこないこととか。まったりした感じは案外、当時のヒッピー的な感 じのダルサを出してるのかもしれないが、僕はメリハリの無さや、もしリ アリティを出してメリハリを付けないならディテールでリアリティを出し て視聴者を引き付けて欲しかった。ストーリーは驚く程シンプルでつまら ない。 良さは妙に黒人の女優がセクシー、音楽シーン多く、この歌はパンク?? だる~い感じでいい。

1 ページ/1 ページ中